壊れそうに美しい『Love Theme from Spartacus(スパルタカス 愛のテーマ)』ジャズ・ピアノの傑作 by ビル・エバンス

息をひそめて聞きたい曲がある。

しんと静まりかえった夜、ボリュームを少ししぼって、枕元でそっと流したいような……。

『Love Theme from Spartacus』はまさにそんな曲。

邦題では「スパルタカス 愛のテーマ」と訳されるので、一見、歴史スペクタクルのドンチャンドンチャンしたシンフォニーかと思うけども、ジャズにアレンジされた方は、いかめしいタイトルから想像もつかないほど繊細で美しい。

音を抱きしめる──とでも言うのかな。

まるでガラスのように透明で壊れやすいから、一音一音、耳元でそっと聞かないといけない。

ふうっ、と息をついただけで、音がパラパラと砕け散ってしまいそう。

それほどに美しい曲。

初めてラジオで聞いた時は、ほんと、息が止まったね。

時間も止まった。

世界中のあらゆる動きが止まった。

音が透明な高みからこぼれ落ちてくる……というのは、まさにこのこと。

弾いているのはビル・エバンス。朝の光を紡ぐような、詩的な演奏で知られる。

死へまっしぐらとひた走る……というよりは、一歩一歩、そこへ憧れて昇ってゆくような生き様そのままに、重力感がない。

音の響きからして、この世を離れてる。

彼にとっては自己表現というより、天国への階段ね。魂で見る、この世の果て。

だから、私たちには、空気のように軽やかで、今にも壊れそうに感じる。

それでもなお美しいのは、彼の見ている先が、完全に浄化された世界だからでしょう。

あんまり美しいからって、泣くことはないのよ。

もう彼の方で、いっぱい涙を流してくれてるから。

私たちは、ほんのちょっと、心を波立たせるだけでいい。

それ以上、悲しんだりしたら、彼がもっと悲しむから。

今にも壊れそうな音のしずくを、そっと抱きしめるだけでいいの。

音の響きと一つになれたら、それでいいの。

大好きです。

*

他にもいろんなバージョンがあります。
「Love Theme from Spartacus」で検索してくださいね。

こちらがオリジナルスコアです。映画のサウンドトラック。

映画の紹介はこちら→目と目で見交わす名画の愛 カーク・ダグラスの映画『スパルタカス』

Conversations With Myself

Love Theme from Spartacus が収録されているのはConversations With Myselfというアルバムです。

どれも叙情的で美しい曲ばかり。その全てが壊れそうに切ないです。
秋の夜長や読書・勉強などに集中したい時にぴったり。

Conversations With Myself
by (CD)
定価  ¥ 4,300
中古 12点 & 新品  ¥ 518 から
 (0 件のカスタマーレビュー)

   ピアニスト、ビル・エヴァンスの代名詞の1つに「インタープレイ」というのがある。相手ミュージシャンと、リアルタイムで刺激し合いながらスリリングなジャズを創造していくことだ。相手はスコット・ラファロ(B)やギタリスト、ジム・ホールなど。
   ジャズは本来そうあるべき、そうあるはずの演奏は、瞬発力、応用力の優れた者同士では一層実りのある演奏を生む。本作ではそのインタープレイの相手を「自分」に求めている。この時代にはめずらしい、多重録音ジャズは、自分の弾いたソロ・ピアノ演奏に対してインタープレイを行っていくというコンセプト。
   初めのピアノはソロ演奏で、影響される「音」はないが、オーヴァーダビングしていくピアノは自分の弾いたピアノに反応して弾かれる。都合3つのピアノが左右真ん中に聴こえ、2つめは1つめに、3つめは2つめ1つめに対しインタープレイを行うという試み。実験的ではあるが、出てくる音は音楽的に素晴らしいもので、グラミー賞を獲得している。(高木宏真)

上記で紹介している演奏が収録されているのが、このアルバム。
ビル・エヴァンスのCDも膨大で、同じ Love theme from Spartacus でも、アルバムごとに演奏のスタイルが違います。

ベスト・オブ・ビル・エヴァンス
by ビル・エヴァンス (CD)
定価  ¥ 293
中古 15点 & 新品  ¥ 293 から
 (0 件のカスタマーレビュー)

上記の「スパルタカス ~愛のテーマ」が収録されたベスト盤です。
もっと聞いてみたい方はこちらの二枚組限定版がおすすめ。

WHAT'S NEW/NIRVANA
by (CD)
定価  ¥ 10,315
中古 4点 & 新品  ¥ 1,299 から
5つ星のうち 4.5  (21 件のカスタマーレビュー)

ピアノの詩人ビル・エバンスが、2人のフルート奏者と共演した2枚の秀作をカップリングした徳用盤です。最初の7曲は、ジェレミー・スタイグと共演した1969年録音の名盤「What’s New」(Verve)。1曲目のブルースからホットに盛り上がり、「ホワッツ・ニュー」や「枯葉」などの名曲をアグレッシブに演奏、最後はマイルスの「So What」で再び頂点に達します。後半の6曲は、もうひとりの人気フルート奏者ハービー・マンと共演した1962年録音の「Nirvana」(Atlantic)。こちらは静かな曲が中心で、「I Love You」「Lover Man」のほかエリック・サティの「ジムノペディ」が聴きどころでしょう。

ジェレミー・スタイグのフルート・バージョンが収録されています。(Amazonで試聴可)
『枯れ葉』や『so what』など、スタンダードな名曲をスタイリッシュにアレンジ。アーバンな雰囲気の漂う一枚です。
やっぱ「スパルタカス」が一番秀逸だけど。

ビル・エヴァンスの記事

[custom-related-posts title=”” order_by=”ID” order=”ASC”]

こちらの音楽もいかがですか?

[su_posts template=”templates/list-loop.php” posts_per_page=”5″ post_type=”any” taxonomy=”post_tag” tax_term=”229″ order=”desc” orderby=”rand”]
[su_spacer]
[su_label type=”info”]タグ[/su_label] 壊れそうに美しい名曲

初稿:2011年9月21日

QUOTE CARD

No feeds available.
Morgenrood 曙光

Kindle Unlimited

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。Kindle Unlimited 読み放題の分冊もリリース。

この記事を書いた人

石田 朋子

文芸愛好家&サブカルチャー・ファン。主に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。寺山修司の名言『詩を作るより、田を作れ(揶揄)』をモットーに、好きな作品を次代に伝えることを目標にしています。海外在住につき、現代日本とは相容れない所がありますがご容赦ください。
※ 現在、制作巣ごもり中につき、ほとんど更新していません。