生き甲斐を感じさせる『仕事』と苦役である『労働』の違い

人間の労働の種類は三つに分かれる。

LABOR = 苦役としての労働

JOB = 職業、生業としての労働

WORK = 生き甲斐としての仕事

労働の価値は「量」ではなく「質」にある。

人間は労働を通して社会的存在になる。社会的存在とは、自分一人の世界の中ではなく、人々との交流の中に生きているという事である
とマルクスは述べた。

『無意味』と感じる労働ほど人間にとって苦痛なものはない。
地位、報酬、賞与……これらは、人間がこなした労働の量に付随するものであって、本質そのものではない。
人間に真の充足を与えるもの、それは労働の「意味」と「方向性」ではないだろうか。

疎外された労働には経済的側面と心理的側面とがあり、経済的側面とは、それが搾取された労働であることであり、心理的側面とは、労働に充実感や幸福感を感ずることができないということであるカール・マルクス

初稿:1999年1月

ちなみに LABOR は、『陣痛』の意味もある。 病院の LABOR ROOM は陣痛室のこと。

キリスト教における原罪により、アダム(男性)には労働の苦しみ、エバ(女性)には産みの苦しみが与えられた。

LABOR が苦役としての労働を意味するのは、そうした理由から。

日本では、仕事も労働も一緒くたに語られるところがあるが、英語圏では、LABORとJOBとWORKは厳密に区別される。

「事に仕える」のがWORKで、”作品”の意味もある。

「人が動く」=働く、目的もやり甲斐もなければ、LABORに近い。

ちなみに、JOBは、ヨブ記に通じるものがある。

真面目で信心深いヨブを試す為に、神は様々な試練を課し、ヨブが神を恨んで信仰心を捨てるか、あるいは義を貫くか、見届ける話だ。

苦難における義人ヨブの恨み言は、現代人にも通じる。

そして、それがJOBの本質――日銭を得る為にあくせく働く私たちの宿命でもある。

神の意図がどうあれ、良心を貫く労働者はいつか報われる(金銭的にではなく)。

何故なら、騙し、傷つけ、貶めた事実は、良心の痂皮となって一生のしかかり、決して人を幸福にはしないからだ。

Morgenrood 曙光

Kindleストア

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。Kindle Unlimited 読み放題の分冊もリリース開始。

この記事を書いた人

石田 朋子

文芸愛好家&サブカルチャー・ファン。主に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。寺山修司の名言『詩を作るより、田を作れ(揶揄)』をモットーに、好きな作品を次代に伝えることを目標にしています。海外在住につき、現代日本とは相容れない所がありますがご容赦ください。趣味はドライブと登山。