ARCHIVE

言葉の倉庫

若者のひもじさと年長者のご馳走の思い出

10代から20代にかけて、いつもお腹が空いていたのを今も思い出します。 食べても、食べても、すぐにお腹が減って、「お腹空いた……」って、食べ物のことばかり考えてた時もありました。 年寄りになると基礎代謝も激減して、空腹もめったに感じなくなるけれど、若い時分の空腹感って半端ないですよね。 何もしなくて […]

自分が否定された時、どう生きるか

相手からNoのリアクションを受けた時――友だち解除されたとか、「いいね」してくれなかったとか、こちら側の能力や気遣いや親愛の情を否定されるような結果を目の当たりにすると、誰でもいい気持ちはしませんし、どんな人も多少気持ちを傷つけられるものです。でも、相手の立場になって考えてみれば、自分の全存在を否定されたわけではない、ということも解ってくると思います。

「ネカマ裁判」とネットの居場所

ネカマ裁判 「ネカマ裁判」って知ってます? 読んで字のごとく、ネカマ(女を装った男性ネットユーザー)が出会い系で男のターゲットを釣り上げ(多くはエッチ目的)、メールやチャットのやりとりをウェブサイトで晒すという、90年代末のネット黎明期にかなり流行ったブラック芸です。 中でも『ネカマ裁判』はトップク […]

やっても悪口を言われ、やらなくても悪口を言われる

『やっても悪口を言われ、やらなくても悪口を言われる』というのは、西洋の文化人の言葉です。私も誰の言葉だったか、まったく覚えがないし(英首相・チャーチルか?)、もしかしたら「書いても悪口を言われ、書かなくても悪口を言われる」だったかもしれない。名言サイトで似たような文言を見かけたら、頭の片隅にメモして […]

アーティストの心、ファンは知らず

私もこのサイトにいろんなレビューを書いていますが、一度だけ「本人」からメールをもらったことがあります。 流れとしては 1)ある人が、私の記事を見つけた 2)仕事を通じて「本人」と知り合い、「個人ブログで、こんなに熱く応援してくれてる人がいるよ」と本人に紹介した 3)どんな事が書かれているのだろうと、 […]

時間の管理は大人の証・SEIKOの入学・卒業祝い

私が子供の頃、入学・卒業祝いに「腕時計」というのが定番でした。 腕時計をすると、ちょっと大人になった気分で、お祝いに「人生初めての腕時計」を買ってもらった子は、自慢げに銀のチェーンベルトを袖口から覗かせていたものです。誰かが時間を気にすれば、これみよがしに袖口をまくって、「んーとね、今、午後四時前」 […]

理屈で人を変えることはできない

私が初めてPCを買ってネットに接続したのは’97年、自分でもフォーラムに投稿したり、掲示板に書き込みしたりするようになったのが’98年なのですが、当初は確かに新鮮で面白かったです。 うわー、ネットが普及したら、すごい時代になるなぁ、とも思ってました。 でも、いろんな経験を通し […]

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

ニムロディウムという架空の金属元素を中心に、鉱業、海底鉱物資源、深海調査、海洋情報ネットワーク、建築&デザインなどをテーマに描く人間ドラマ。水深3000メートルに眠るニムロディウムの採掘は世界を変えるのか。生の哲学を中心に海洋社会に生きる人々の願いと攻防を描きます。Google Driveにて無料サンプルPDFも配布中。

CTR IMG