中学女子と大人の恋 『Kiss on My List』 ダリル・ホール&ジョン・オーツ

中学女子と大人の恋 『Kiss on My List』  ダリル・ホール&ジョン・オーツ

中学生から高校生にかけて、私が熱烈なFMリスナーであったことは、70-80年代FMラジオにも書いているが、わけても女子の胸に響いたのが、ダリル・ホール&ジョン・オーツの代表的なヒット曲『Kiss on My List』。

中学女子にも分かる平易な歌詞に、ピアノの和音が利いたリズミカルなイントロ、ちょっと淋しげなメロディラインが非常に印象的で、この曲がFMラジオから流れる度に陶然と聞き入ったものだ。

当時は脳内恋愛花盛りだったので、当然のこと、彼氏などはおらん。

授業中の白昼夢に ヴァーチャル彼氏 理想の彼氏を思い浮かべては、『不知火くんって、素敵』と物理のノートの片隅に❤マークを書き連ねる日々。
フレミングの法則で最も重要なのは、彼の視線がどちらに向こうと、最後には恋が成就して、永遠に幸せになることなのだ。

↓ 常に心の中に磁場が生じている
フレミングの法則

そんな中学女子の心を鷲掴みにし、デイドリーム・ビリーバーならぬ、大人の恋への憧れを掻き立てた Kiss on My List 。

その最大の魅力は、スウィートでありながら、どこか切ないメロディラインにあるだろう。

それ以前から、ビリー・ジョエルやカーペンターズといった大御所がマイナーコードのヒット曲を連発していたが、Kiss on My List の短調感はただメロウなだけでなく、恋する男性の気持ちが随所にあふれ出て、「曲が好き」というよりは、この曲に登場するボーイフレンドの心象に興味を惹かれる点だ。

漫画にたとえるなら、小椋冬美かくらもちふさこ、邦楽なら、小田和正(オフコース)といったところ。

中学女子の私にとって、Kiss on My List の彼氏は、友だちに理由を聞かれたら、『君のキッスは僕の人生において最高の出来事だから』と微笑んで答えるような、スイートで繊細な男性だった。歌意はともかく、I only smile when I lie, then I tell them why の箇所に大人の恋の機微を感じ、秘めた情熱や照れ隠しを勝手に思い描いて、溜め息をついていたわけだ。

When they insist on knowing my bliss
I tell them this

When they want to know what the reason is
I only smile when I lie, then I tell them why

your kiss is on my list
(Because your kiss) your kiss is on my list
Because your kiss is on my list of the best things in life..

しかし、大人になってから、歌意を知って呆然。

この歌詞は非常にトリッキーで、必ずしも彼女への熱愛を歌ったものではないということだ。

下記のサイトにも否定的な見解が散見されるが、彼の lie(嘘をつく) は単なる照れ隠しではなく、言いにくいことを言わねばならない、いわば建前的なニュアンスがあるようだ。私も完全に理解しているわけではないけれど、この lie をどう解釈するかで、曲全体の印象が大きく違ってくるように思う。

https://songmeanings.com/songs/view/3530822107858521428/

だとしても、Kiss on My List, Kiss on My List と繰り返し囁くDarylの声は、恋する男性の心情そのものだし、たとえ彼の気持ちが本物でなくても、Because your kiss is on my list of the best things in life と言われて嫌な気分になる女性はないだろう。

そこまで見込んで lie しているなら、とんでもなく悪知恵の働く男に違いないが、そこまでのめり込みたくない男性の本音と思えば、納得いく部分もある。

正直に言ってしまいたいが、女性を傷つけるのは嫌だし、手放すのも惜しい。

とりあえず、彼女に甘い言葉をささやきながら、優しく Kiss を繰り返し、頭の裏側では別れる算段。

じゃあ嫌いなのかと問われたら、決してそうではなく、とりあえず「大事」としか言いようがない。

彼女にしてみたら、こんな中途半端で無責任な回答はないのだけれど。

果たしてKiss on My List の彼が彼女と結ばれたかどうかは定かでないが、彼の 言い訳 = lie は今も世界中のリスナーの心を揺さぶり、決して手に入ることのない甘い夢を語り続けているような気がする。

ちなみに、私は『ダリル・ホール&ジョン・オーツ』というアーティスト名がなかなか覚えられなくて、ダリル・オール&ジョン・ホールとか、ダリル・オール&ジョン・ホーツとか、しょっちゅう思い違いをしていました。
略して、ホール&オーツとも言うのですが、ダリル&ホールと呼んでいたこともあります。

Daryl Hall & Jhon Oates

英語のスペルを思い浮かべながら発音すると、間違えません (^_^)

グレイテスト・ヒッツ
by (CD)
定価  ¥ 1,884
中古 32点 & 新品  ¥ 1,080 から
5つ星のうち 4.8  (10 件のカスタマーレビュー)

サラ・スマイルやリッチ・ガールも人気があるけど、ホール&オーツといえば、やはり「プライベ~ト・アイズ、(小声・アイム)ウォッチンギュー」「マニズ・マタ~(男が問題)」のManeaterでしょう。正しくは、Man is the matter ではなく、Money's the matter が正解です。だって、そう聞こえたんだもの~。

 

初回公開日:2018.09.09