決意より信念を維持する方が難しい 《新約聖書より》

あなたたちは、光に照らされた後、苦しい大きな戦いによく耐えた初めのころのことを、思い出してください。

あざけられ、苦しめられて、見世物にされたこともあり、このようなめに遭った人たちの友となったこともありました。

実際、あなたたちは捕らえられた人たちと苦しみをともにし、また、自分がもっとすばらしい、いつまでもなくならないものを持っていることを知っているので、財産を奪われても、喜んで耐え忍んだのです。

ですから、自分の確信を捨ててはいけません。

この確信には大きな報いがあります。

神の御心を行って約束されたものを受けるためには、忍耐が必要なのです。

「もう少しすると、来たるべきかたがおいでになる。遅れられることはない。

信仰によるわたしの正しい人は生きる。

もしひるんで、信仰を捨てるようなことがあれば、その者はわたくし(神を指す)の心にかなわない」

しかし、わたしたちは、ひるんで信仰を捨てて滅びる者ではなく、信仰によって命を確保する者です。

ヘブライ人への手紙 10:19-26 『奨励と勧告』

ここでは「キリスト教と信仰心」がテーマになっているが、「信念」もしくは「意志」に置き換えると分かりやすい。

「あれをしよう」「こうなりたい」という決意は今日からでも出来るが、それを維持するのは非常に難しい。

一度はこうと決めたことも、「思うようにいかない」「人に理解されない」といった理由から、諦め、目移りし、止めてしまうのはよくあること。今は一事に専心するより、あの手この手でフィールドを広げる方が良しとされるから、余計で決心も鈍りやすいだろう。移り気、迷い、飽き性、等。本来、欠点とされてきたことも「情報強者」「フットワークが軽い」「マルチタスク」といった言葉に置き換えれば、何やら正しいことに思えるので、まあいいか、と呆気なく鞍替えする人もあるかもしれない。

しかし、一事に専心することが無くなれば、継続の価値も分かりにくくなる。

たとえば、子供の頃からピアノをずっと習っている人は、技術を習得する難しさも、いつそれが報われるかも、肌で知っている。「止めずに頑張ってよかった」と実感できるのは、たいてい、何年も経ってからだ。

そうした体験なしに、「一事に専心するなど無駄なこと」と決めつけ、こっちが良いと聞けばこっち、あっちが儲かると聞けばあっち、ころころ転がるばかりでは、身に付くものも身に付かないのではないか。

「フットワークの軽さ」は、継続の重みを知っているからこそ分かる違いであって、軽いばかりの人には「本当に継続すべきこと」と「そこまで必要はないこと」の違いも分からないと思う。

たとえば、経営のプロには事業の引き際や踏ん張り時が判断できるが、何の経験もない者には、どこまで維持すべきか、何を目安に撤退するか、見当も付かないだろう。そんな中、身軽さばかりを追いかければ、結局、何一つ実を結ばないまま終わってしまうこともある。粘りも転身も両方体験して初めて潮目が分かることであって、どちらか一方に偏れば、大事なものを見失う。

上記の文章で一番印象的なのは『苦しい大きな戦いによく耐えた初めのころのことを、思い出してください』という言葉。

人間、時が経ち、なまじ経験値が高まると、逆に耐えることを軽んじるようになるものだ。

それまでの報われない過程が、「忍耐なんて、やるだけ無駄」と耳元で囁くようになるからである。

しかし、『もしひるんで、信仰を捨てるようなことがあれば、その者はわたくし(神を指す)の心にかなわない』の「わたくし(神)」という箇所を、自分自身の良心に当てはめれば、非常に分かりやすい話だ。

なぜなら、途中で捨てたり、諦めたりしたことは、自分自身の心が一番よく記憶しているからである。

ここでの対象は≪神≫だが、神でなくとも、≪自分自身≫は決して裏切れない。

「信仰によって命を確保する」というのは、結果がどうあれ、自己の信念を貫いた実感は一生の支えになるということ。

人がドヤ顔で生きていくには、最低限、自分で自分を裏切らぬことが必要である。

Morgenrood 曙光

Kindleストア

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。

この記事を書いた人

石田 朋子

文芸愛好家&サブカルチャー・ファン。主に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。寺山修司の名言『詩を作るより、田を作れ(揶揄)』をモットーに、好きな作品を次代に伝えることを目標にしています。海外在住につき、現代日本とは相容れない所がありますがご容赦ください。趣味はドライブと登山。