ベルサイユのばら ロザリー ポリニャック伯爵夫人

母の愛は馬車より強し ロザリーのお母さんの勇気

※ 『ベルサイユのばら 第2巻』 ロザリーのお母さんがポリニャック伯爵夫人の馬車に轢き殺されるエピソードにまつわるコラムです。

皆さんは、馬車を間近でご覧になったことがありますか? それも飾り物の馬車ではなく、走行中の、本物の馬車です。

昔のヨーロッパを舞台にした映画では、かっぽんかっぽんと小気味よい音を立てながら、石畳の街路を走ってくる場面がしばしば描かれますが、実物は想像以上に大きく、速く、とてもじゃないけど、間近に走り寄ってみようという気にはならないものです。

私が走行する本物の馬車を初めて間近に見たのは、ポーランドの古都、クラクフの旧市街でした。観光客で賑わう石畳の小路を、二頭立ての観光馬車が、かなりの速度で走り去っていくのを見た時、キュリー夫人の夫がパリ市内で荷馬車に轢かれて亡くなったことや、『風と木の詩(竹宮恵子・作)』のジルベール少年が、伯父のオーギュストと見間違えた貴族の馬車に踏みつけられ、非業の最期を遂げたことが思い出されたものです。

それぐらい危険な馬車の前に、勇気を持って飛び出したベルばらの登場人物と言えば、もうお分かりですね。貧しいながらも、女手一つで二人の娘を育て上げた、ロザリーのお母さんです。

馬車に乗っていたのは、ロザリーの実の母親であり、マリー・アントワネットの寵臣として、宮廷随一の権勢を誇る、ポリニャック伯夫人。
王妃の寵愛をほしいままにし、国政までも左右する夫人の馬車が、たとえパリの町中とはいえ、平民相手に安全運転を心掛けていたとは到底思えません。歩行者天国をリンカーン・コンチネンタルで突っ切るがごとく、我が物顔で走り飛ばしていたのではないでしょうか。

そんな馬車の前に飛び出して、夫人を呼び止めようとしたお母さんの気持ちはいかなるものだったでしょう。
娘はまだ年若く、一人で生きていく術も持ちません。政情は日に日に悪化し、今日食べることさえままならない状態です。
娘の幸せを思えば、どんなことをしても、この不幸な境遇から救い出してやりたいけれど、誰もが貧苦にあえぐ中、頼る人もなく、病で痩せ衰えていくだけの我が身に、親として不甲斐ない思いでいっぱいだったにちがいありません。

それだけに、馬車にポリニャック夫人の姿を見た時は、一筋の光明が差すような思いだったでしょう。
お母さんの頭の中には、「老いて、弱っていく自分の面倒を、いついつまでも見てもらおう」とか、「一人になったら淋しくなるから、どこにもやりたくない」とか、そんな利己的な思いは一切なく、ただただ娘のため、本能で、馬車の前に飛び出したに違いありません。

が、無情にも、夫人の馬車はお母さんを轢き殺してしまいます。

駆けつけたロザリーに、ポリニャック夫人が浴びせた言葉は、
なによ、急に飛び出してきたそっちが悪いのよ。文句があったら、いつでもベルサイユにいらっしゃい

目の前の少女が実の娘とも知らず、馬車の下敷きとなった瀕死の婦人が、恩義ある女性とも気付かず、彼女は何食わぬ顔で走り去っていきます。

その後、お母さんは、「お前の本当の母親は、マルティーヌ・ガブリエル……」という言葉を残して、息を引き取るのですが、結果的に、この出来事が、オスカルとの出会いをもたらし、ベルナールとの結婚に繋がっていったのですから、ロザリーのお母さんは、まさしく命を懸けて娘を幸福にしたといえるのではないでしょうか。

現代でも、道路に飛び出した我が子を庇って、車にはねられるお母さんや、川に落ちた子供を救うために、自分が金槌であることも忘れて、冷たい水の中に飛び込む親は存在します。私も以前は、「こんなことが出来るのは、特別な善人だけだ」と思っていたものですが、子供をもてば、それぐらいは理屈ではなく、本能で出来るのだ――ということが、理解できるようになりました。

皆さんも、本物の馬車とすれ違う機会があれば、我が子の為にその前に飛び出せるかどうか、心の中で試してみて下さい。

そうすれば、ロザリーのお母さんがどれほど愛の深い人だったか、どんな必死な思いでポリニャック夫人を呼び止めようとしたか、痛いほど解るのではないかと思います。母の愛は、死をも恐れないのです。

この投稿は2007年~2008年にかけて”優月まり”のペンネームで『ベルばらKidsぷらざ』に連載した原稿のリライトです。

『ベルばらKidsぷらざ 東欧ベルばら漫談』の一覧はこちら

 

ベルサイユのばら 第2巻より

あまりにも……あまりにも有名な「文句があったらベルサイユにいらっしゃい」。

なぜ大勢のベルばら・ファンがこの一コマに引きつけられるのか。

典型的な昭和のイヤミキャラであり、少女の目から見れば、高慢と支配欲の権化だからでしょうね。

ベルサイユのばら ロザリー ポリニャック伯爵夫人

ベルサイユのばら ロザリー ポリニャック伯爵夫人

ベルサイユのばら (2) (マーガレット・コミックス (108))

ポーランドの馬車

貴族仕様の馬車は重要な観光源の一つです。他の国から来たら、一度は乗ってみたいですよね。

冬場は、ソリ遊びに活躍します。お馬さんも年中大忙し! 厳冬期に仕事が途絶える農家の重要な収入源です。

しかし零度10度の中を馬車が全力で走ったら、皮膚が切れそうに寒いです。昔の人は、よくこんな乗り物で村から村、国から国を横断したものだと思います。

広告
>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

ニムロディウムという架空の金属元素を中心に、鉱業、海底鉱物資源、深海調査、海洋情報ネットワーク、建築&デザインなどをテーマに描く人間ドラマ。水深3000メートルに眠るニムロディウムの採掘は世界を変えるのか。生の哲学を中心に海洋社会に生きる人々の願いと攻防を描きます。Google Driveにて無料サンプルPDFも配布中。

CTR IMG