北斗の拳

『北斗の拳』と兄弟論 兄弟ならば、違う道を歩むがよい!

私は『北斗の拳』の伝承者争いのエピソードが好きで、キャラクターで言えば直情型の長男ラオウ、技で言えば、北斗究極奥義『無想転生』が好きなんですよネ。

なぜか全巻持っているので、家に来た人がいつもビックリするのですけど。(それも愛蔵版^^;)

「伝承者争い」の巻は、原作者 武論尊の哲学が随所に散りばめられていて、非常に面白い作品に仕上がっています。

暗殺拳「北斗神拳」は、その恐るべき破壊力ゆえ、一子相伝の秘拳として伝えられてきました。

伝承者争いに敗れた者は、記憶を奪われたり、身体を不具にされたりして、拳を封じられるのが定めでした。

核戦争で世界中が荒野と化した時代、北斗神拳の伝承者として、町にはこびる悪者どもを倒しながら、生き別れになった最愛の女性ユリアの面影を支えに、旅を続けるケンシロウ。

その彼の前に、かつて伝承者争いをした三人の兄弟が立ちはだかります。

一人は、ケンシロウに敗れた事を怨み、暴挙の限りを尽くす三男ジャギ。

一人は、優れた医術を会得しながら、核の灰を浴びて、病の身となった次男トキ。

あと一人は、世界最強を自負し、この世の全てを手中に収めるべく猛進撃を続ける長男ラオウです。

死闘の末、ケンシロウはラオウに打ち勝ち、真の伝承者への道を歩き出すのですが、その過程で語られる心情や、兄弟間の葛藤や個性が、実に面白いんですよ。

ちなみに私は三人姉妹の真ん中で、姉でもあり、妹でもあるから、それぞれの心理がよく分かる。

だから惹かれた部分も多いですね。

兄弟間の争いで一番象徴的に感じたのが、愚かで救いようのない三男ジャギの恨み言。

兄より優れた弟なんて~~~

兄より弟が優れたって、それは仕方のないこと。

なんでもかんでも兄貴が上とは限らないのに、ジャギは伝承者の権利を末弟のケンシロウに奪われたと、いつまでも怨みに取り憑かれています。

これによく似た実例が、兄弟横綱で一世を風靡した『若ノ花・貴ノ花』ですよね。

厳しい目で見れば、兄の若ノ花より、弟の貴ノ花の方が、力士としては上なのは明白でした。

というより、幼少から真剣に力士を目指した貴ノ花と、何となく流れで力士になった若ノ花の、気持ちの差が現れたというべきでしょうか。(当人に直接聞いたわけではないので、推測だけれども)

若ノ花が、あっさり相撲界から身を引いたのも頷ける話で、人にはそれぞれ自分に適った道というものがある。

『北斗の拳』でも語られていますが、

同じ道を進めば、同じ宿命を背負う。兄弟ならば、違う道を歩むがよい」(確かラオウの台詞)

って、ある意味、真実だと思います。

初稿:2000年12月22日

※ トキとラオウの死闘って、どの巻に収録されていたのか忘れた。確かこのあたり。

 北斗の拳 12巻 (Kindle版)
 著者  武論尊, 原哲夫
 定価  ---
 中古 0点 & 新品   から
 5つ星のうち 4.2 (3 件のカスタマーレビュー)

「北斗の拳」シリーズ第12巻:199X年、世界は核の炎に包まれた!! 文明は消え去り、世界は暴力が支配する時代になっていた──!
「週刊少年ジャンプ」に1983年~1988年まで、原作・武論尊、漫画・原哲夫により連載。最終戦争により、荒廃し弱肉強食の世界になった世紀末を舞台に、一子相伝の暗殺拳“北斗神拳”の伝承者・ケンシロウが、愛と哀しみを背負い救世主として成長していく姿を描き出す。強敵(とも)と呼ばれる男達とケンシロウの熱い戦い、婚約者ユリアとの愛、そして、同じ北斗神拳を学んだラオウ、トキ、ジャギの義兄弟との絆と別離。そのどれもが現在まで読者を魅了している。また、悪党達が「ひでぶ」「あべし」といった断末魔を残しケンシロウに倒されていく爽快感も魅力のひとつ。
連載当時、社会現象にまでなり、現在にいたっても、TVアニメや劇場版、脇役達をフィーチャーした外伝、ゲーム等へと新たな展開を続けている。
広告
>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

ニムロディウムという架空の金属元素を中心に、鉱業、海底鉱物資源、深海調査、海洋情報ネットワーク、建築&デザインなどをテーマに描く人間ドラマ。水深3000メートルに眠るニムロディウムの採掘は世界を変えるのか。生の哲学を中心に海洋社会に生きる人々の願いと攻防を描きます。Google Driveにて無料サンプルPDFも配布中。

CTR IMG