素敵な恋のあきらめ方(ベルサイユのばらに寄せて)

恋をして、何が辛いかといえば、その人をあきらめなければならない場合でしょう。

かといって、人を好きになったら、そう簡単に理屈であきらめきれるものではありません。頭では分かっていても、「もしかしたら」と期待して、側に寄ってみたり、背伸びして、いい所を見せたり。バカだなあと思いつつも、相手のことを追い求めてしまうものです。

そして、人を好きになったら、一番に望むのが、「相手に気持ちを伝えたい」ということでしょう。

振られると分かっていても、好きだということを言葉にして告げたい。

そして、その想いを受けとめて欲しい。

あれほど男として頑なだったオスカルが、美しいドレスを身にまとい、フェルゼンの腕に飛び込んだのも、あきらめるに、あきらめられない、一途な恋心ゆえだったんですよね……。

しかし、恋というものは、目くらめっぽうに相手に気持ちをぶつければよいというものではございません。その想いが、相手にとって負担になるなら、心の底でそっと別れを告げなければならない場合もあります。
自分に正直であることと、相手を幸せにすることは、全く別の次元の問題なのです。

「好きな人に『好き』と言って、何が悪いの」
「人を好きになるのは自由でしょう」
と思う人もあるでしょう。

だからといって、相手の心や生活を乱してまで、自分をぶつけて良いものでしょうか。相手の気持ちや状況も考えず、「好き、好き」と気持ちを押しつけて、理解を求めるのは、恋ではなく、単なる我が侭ではないでしょうか。

恋とは、相手の幸せがあってこそ、美しく燃え上がるもの。

『エースをねらえ』の藤堂さん曰く、『恋をするには資格がいるのです』。

だから、オスカルも、正面きって告白するような事はせず、夢の中であきらめる道を選びました。マリーを愛する彼の心を尊重していたからです。

もしフェルゼンに、「お前が好きなんだ、わかってくれ」と迫っていたら、二人の友情はもちろん、彼の信頼も失われていたことでしょう。

恋が報われない時は、その引き際で、女性としての度量が分かります。

どんなに相手のことが好きでも、相手に迷惑をかけない――というのが、素敵な恋のマナーではないでしょうか。

ちなみに、愛を返せない場合、相手に希望を持たせるような事を口にする男性はNGだと思います。「恋人としては付き合えないけど、メールするぐらいならいいよ」みたいな事です。

オスカルの気持ちを知った時、フェルゼンはきっぱりと言いました。

「もう永久に会うことはできないな」

相手に愛を返せないと分かったら、せめて相手が思いきれるよう、距離を置いてあげるのが、本当の誠実というもの。

この男らしさが理解できれば、恋に躓くこともないはずです。

この投稿は2007年~2008年にかけて”優月まり”のペンネームで『ベルばらKidsぷらざ』に連載していた時の未提出の原稿です。
『ベルばらKidsぷらざ 東欧ベルばら漫談』の一覧はこちら
 

QUOTE CARD

  • どんな高邁な理想も、言葉だけでは人は動かせない。 身をもって示して初めて、理想が理想としての意味をもつ。 その後、彼は死ぬまで父を忘れず、その生き様を指針にするわけだが、愛とは何かと問われたら、慈しむだけが全てではない。身をもって生き様を示す勇気も至上のものだろう。 誰でも犠牲は怖い。  自分だけ馬鹿正直をして、損したくない気持ちは皆同じだ。  だが、その結果、一番側で見ている子供はどうなるか、いわずもがなだろう。  言行の伴わない親を持つほど不幸なことはない。  たとえ現世で馬鹿正直と言われても、本物の勇気、本物の優しさ、本物の気高さを間近に見ることができた子供は幸いである。 どんな高邁な理想も、言葉だけでは人は動かせない。 身をもって示して初めて、理想が理想としての意味をもつ。...
  • 「創造的」というのは詩を書いたり、絵を描いたり、という意味ではありません。無の平原から意味のある何かを立ち上げることです。 より良く生きる為に、日々、考えること、実行すること、その全てが『創造』です。 どんなに小さくても、昨日よりは今日、今日よりは明日、少しずつでも歩みを進め、善きものを積み上げることを「創造的な生き方」と言います。 「創造的」というのは詩を書いたり、絵を描いたり、という意味ではありません。無の平原から意味のある何かを立ち上げることです。 より良く生きる為に、日々、考えること、実行すること、その全てが『創造』です。...
Morgenrood 曙光

Kindle Unlimited

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。Kindle Unlimited 読み放題の分冊もリリース。

この記事を書いた人

石田 朋子

文芸愛好家&サブカルチャー・ファン。主に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。寺山修司の名言『詩を作るより、田を作れ(揶揄)』をモットーに、好きな作品を次代に伝えることを目標にしています。海外在住につき、現代日本とは相容れない所がありますがご容赦ください。
※ 現在、制作巣ごもり中につき、ほとんど更新していません。