『闇の支配者に握り潰された世界を救う技術』 ゴルゴ13に破壊された水素カ

この本、売れているそうですね。

 闇の支配者に握り潰された世界を救う技術 (単行本)
 著者  ベンジャミン フルフォード
 定価  ¥ 1
 中古 36点 & 新品  ¥ 1 から
 5つ星のうち 4.1 (33 件のカスタマーレビュー)

Amazonいわく、

「水で走る自動車」は、今も昔も“封印”されつづけ、研究・開発を積極的に行ったスタンリー・メイヤーという技術者は、実際に毒を盛られて殺害されている。

この話、『ゴルゴ13』で読んだことがあります。

石油関係者が極秘裏に集まって、近日公開される予定の水素エンジンカーを開発者もろとも葬り去ることを決議。

技術の隠滅と開発者の殺害をゴルゴ13に依頼します。

『水素カー』が本当に実用化されたら、石油業界が大打撃を受けるから──というのが理由でした。

関係者を集めてのテスト走行当日、水素カーは突然、テストトラックで大爆発を起こし、ドライバーもろとも炎上。

「水素エンジンはまだ安全性が確立されていない」と、開発担当のエンジニアは責任を追及され、学会からも業界からも社会的に抹殺されます(事実上、研究が続けられなくなる)。

でも、本当の理由は、会場の隅からゴルゴ13がドライバーの頭を狙撃し、それによる事故炎上だったんですね。

「そんなバカな……水素エンジンは完璧だったのに……」

ゴルゴの存在など知るよしもないエンジニアはただ項垂れるばかり。

この一件により、水素エンジンの開発は封印され、いまだ、石油を燃料とする車が走り続けている……というオチです。

私は、前から、ゴルゴ13のファンなんですけど、この話はいっそうインパクトが強かったですね。

元々、現実に起きた事件や世界情勢を巧みにアレンジし、「どこまでがフィクションなのか」と時に背筋がゾっとするようなリアリティで読者に迫る作品ですが、この話はより説得力があり、「こういう裏があってもおかしくないな」というくらい、世界のエネルギー事情にマッチしていたからです。

余談ですが、『イングリッシュ・ローズ』というタイトルで、ダイアナ妃事故の真相を扱った話もありました。

「彼女は、言ってはならない事を言った。『私は将来、ウィリアムを使って、イングランドを統治してみせる』と──」

それが理由で、ゴルゴに暗殺を依頼するのですが、実は、ゴルゴの元には、「暗殺を阻止せよ」という反対の依頼もあって、前編では、ゴルゴがパパラッチに紛れ込んで、ダイアナ妃の狙撃を試みるかのような展開ですが、実は、その中に紛れ込む本物の暗殺者を狙撃するのが目的だった……という設定だったんですよね、確か。

ゴルゴの狙撃によって、本物の暗殺者の弾丸はダイアナからは逸れたけども、運転手にヒットして、結局、事故で亡くなってしまった……というオチだったような記憶があります。

話は戻りますが……

様々な理由から封印された技術というのは、きっと少なくない──と思います。

さすがに、地震やハリケーンを人工的に引き起こす「HAARP」とか、ウムムム……と唸ってしまいますが、「海水を真水に変える技術」とか「ガンやエイズが完治する治療法」はあってもおかしくないと思いますもん。

ま、たとえばね。

ポーランドでは、「抗生剤は極力使わないで!」というキャンペーン・ポスターが病院や診療所内に貼られて、医師から処方される時も、かなり慎重に話し合いがなされますけど、日本では患者の方から「抗生剤ください」みたいなところがあって、病院でも「抗生剤は極力使わない」なんてキャンペーン、してないでしょう。

そんなことをしたら、製薬会社が困るから。

抗生剤=絶対悪ではないけれど、弊害が大きいのも事実。

でも、そこにはスポットを当てないで、ばんばん抗生剤を処方して、耐性菌を作り出しては、抵抗力の落ちた病人に二次感染させて……って、悪循環ですよね。

でも、そんなことは、絶対に大声で言わないの。

そんなことをしたら、製薬会社が困るから。

製薬会社との関係が悪くなれば、研究費が出ないとか、後ろ盾を失うとか、困るドクターが少なくないから。

ゆえに、石油業界が利権を守るために水素カーの開発を阻止したって、ちっとも不思議じゃないし、他にもそういう「いわくつきの技術」というのはたくさんあるんじゃないか、と思うわけです。

この本も「トンデモ本」の1つに数えられそうだけど、現実問題として、一般庶民には絶対に届かない話、及びもつかないところで操作されている事実というのはある──と認識するだけでも、ちょっと見方が変わるんじゃないでしょうか。

私も読んでみたいです。

ゴルゴ13も、ネ☆

QUOTE CARD

  • どんな高邁な理想も、言葉だけでは人は動かせない。 身をもって示して初めて、理想が理想としての意味をもつ。 その後、彼は死ぬまで父を忘れず、その生き様を指針にするわけだが、愛とは何かと問われたら、慈しむだけが全てではない。身をもって生き様を示す勇気も至上のものだろう。 誰でも犠牲は怖い。  自分だけ馬鹿正直をして、損したくない気持ちは皆同じだ。  だが、その結果、一番側で見ている子供はどうなるか、いわずもがなだろう。  言行の伴わない親を持つほど不幸なことはない。  たとえ現世で馬鹿正直と言われても、本物の勇気、本物の優しさ、本物の気高さを間近に見ることができた子供は幸いである。 どんな高邁な理想も、言葉だけでは人は動かせない。 身をもって示して初めて、理想が理想としての意味をもつ。...
  • 「創造的」というのは詩を書いたり、絵を描いたり、という意味ではありません。無の平原から意味のある何かを立ち上げることです。 より良く生きる為に、日々、考えること、実行すること、その全てが『創造』です。 どんなに小さくても、昨日よりは今日、今日よりは明日、少しずつでも歩みを進め、善きものを積み上げることを「創造的な生き方」と言います。 「創造的」というのは詩を書いたり、絵を描いたり、という意味ではありません。無の平原から意味のある何かを立ち上げることです。 より良く生きる為に、日々、考えること、実行すること、その全てが『創造』です。...
Morgenrood 曙光

Kindle Unlimited

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。Kindle Unlimited 読み放題の分冊もリリース。

この記事を書いた人

石田 朋子

文芸愛好家&サブカルチャー・ファン。主に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。寺山修司の名言『詩を作るより、田を作れ(揶揄)』をモットーに、好きな作品を次代に伝えることを目標にしています。海外在住につき、現代日本とは相容れない所がありますがご容赦ください。
※ 現在、制作巣ごもり中につき、ほとんど更新していません。