エフ

欧州で F(エフ)る 何人たりとも、オレの前は走らせねえ!

ドライブは人生に似ている。

先を急げば仕損じるし、臆病過ぎてもつまらない。

あわてず、あせらず、あらそわず。

他の車に惑わされることなく、自分のペースでハンドルを握る。

追い越されても、割り込まれても、決して仕返ししようなどと思ってはいけない。

いつ、どんな時も、自分の走りを見失わないことだ。

*

車を運転することは、何よりも精神修養になる。

秒ごとに変わる状況の中で、的確に判断し、冷静さを保つ。

たとえ事故すれすれの目に遭っても、目的地の1つ手前で右折してしまったとしても、次の瞬間には気持ちを立て直し、方向を修正する。

そうして、安全かつ確実に目的地に辿り着くこと、それが重要。

自分のペースを崩さないことがどれほど大切か、ドライブは教えてくれる。

そんな私の好きな言葉。

何人(なんぴと)たりとも、オレの前は走らせねえ!

六田登のヒット作、『F(エフ)』の決めゼリフです。

↓私も限りなくこれに近い

見渡す限りの大地。

閃光のように貫く一本道。

快適なエンジンの音を聞きながら、一人で走っていると、ここが大いなる世界の一点に過ぎないことを思い出させてくれる。

世界には、まだ見ぬものがたくさんあるということも。

今はまだ、道の途中。

多分、永遠に──。

広告
>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

ニムロディウムという架空の金属元素を中心に、鉱業、海底鉱物資源、深海調査、海洋情報ネットワーク、建築&デザインなどをテーマに描く人間ドラマ。水深3000メートルに眠るニムロディウムの採掘は世界を変えるのか。生の哲学を中心に海洋社会に生きる人々の願いと攻防を描きます。Google Driveにて無料サンプルPDFも配布中。

CTR IMG