カラマーゾフの兄弟(江川卓訳)プロジェクト(ドストエフスキー随想の覚え書き)

以下のテキストは、『カラマーゾフ随想』(江川卓訳)のプロジェクトの覚え書きです。

原卓也訳でロシアの迷宮に迷い込んだ筆者が江川卓訳で仕切り直している最中です。

下記リンクでも紹介しているように、江川訳は注釈も豊富で、非常に理解しやすいです。
これは重要と思われる注釈も併せて紹介するようにしています。

江川訳の『カラマーゾフの兄弟』については下記の記事をご参照下さい。

『カラマーゾフの兄弟』江川卓訳をお探しの方へ(原卓也訳との比較あり)
江川卓 イワン&アリョーシャと楽しむ『カラマーゾフのロシアンティー(さくらんぼのジャム)』

 世界文学全集〈45〉ドストエフスキー カラマーゾフの兄弟1(1979年) (-)
 著者  江川 卓
 定価  ¥ 10,640
 中古 3点 & 新品  ¥ 10,640 から
  (0 件のカスタマーレビュー)

枠内が江川卓訳の抜粋。ウェブサイトに合わせて適度に改行しています。

時系列に並んでいます。

[ajax_load_more paging=”true” paging_controls=”true” paging_show_at_most=”7″ repeater=”template_2″ post_type=”dostevski” posts_per_page=”4″ post__not_in=”588″ scroll=”false” transition=”none”]

復刊ドットコム

本書に興味を持たれた方は、ぜひ復刊ドットコムへの投票にご協力をお願いします(^^)

『カラマーゾフの兄弟(江川卓)』 投票ページ

復刊ドットコム

広告
>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

ニムロディウムという架空の金属元素を中心に、鉱業、海底鉱物資源、深海調査、海洋情報ネットワーク、建築&デザインなどをテーマに描く人間ドラマ。水深3000メートルに眠るニムロディウムの採掘は世界を変えるのか。生の哲学を中心に海洋社会に生きる人々の願いと攻防を描きます。Google Driveにて無料サンプルPDFも配布中。

CTR IMG