Dornik(ドーニク)透明な美声のR&Bシンガーを全力で応援するページ

Dornik(ドーニク)というUKのシンガーをご存じですか?

日本語の情報も乏しくて、音楽専門ウェブサイトに、わずかにインタビュー記事が掲載されているだけですが、最近、この方の声とサウンドに聞き惚れています。

ハスキーな高音から、ディアンジェロやマイケル・ジャクソンに喩えられるシンガーですが、決して二番煎じではないです。

リズムだけ、ライムだけ、という一点豪華主義ではなく、それぞれのパートがオーケストラのように調和して、一つの世界観を作り出している感じです。

Dornikは一つ一つの曲が個性的で、うっかり聞き流すということがない。

この感じは、同じUKが誇る伝説的なシンガー『SADE』の初期四部作にも似ています。

曲の雰囲気は一色でも、メロディが曲ごとに異なり、何度聞いても退屈しません。

歌唱はいいけど、どの曲も似たり寄ったりで、あまり印象に残らないシンガーが多いことを思えば、Dornikは曲作りで成功しているように感じます。

ここまで、スウィートかつ透明感を醸し出せるアーティストも少ないのではないでしょうか。

もっと売れますように♬
 ∧,_,∧ 
(`・ω・)つ━☆・*。
⊂   ノ    ・゜+.
 し’´J  *・ °”

サウスロンドンから現れたR&Bの新たな道標
http://higher-frequency.com/interview/dornik

Dornikのデビューのきっかけを作ったJessie Wareも、彼のデモを聴いた際にその歌声に最も惚れ込んだという。長らくドラマーとしてのキャリアを歩んでいた彼は、もともとはサポートドラマーとしてJessie Wareのバックバンドに参加していたが、シンガーとしての才能を見出されてからは、Jessie WareがSamphaとの名デュエットソング“Valentine”をライヴで披露する際のSamphaの代役として彼を起用しているほどだ。Dornikの歌声は、ゴスペルライクなソウルミュージックのような印象のSamphaよりは、グローバルにトップチャートを席巻するUSのメインストリームR&B、古くはMichael JacksonやPrinceから近年ではFrank OceanやMiguelのように、繊細な高音を甘く色っぽく適確な重量で聴かせてくれる。

敗者としてのラヴ・ソング ──ドーニク、インタヴュー
http://www.ele-king.net/interviews/004873/

ドラマーとはいえ組まれるリズムはいたってシンプルで、ファルセット・ヴォイスとコーラスが徹底して中心に置かれている。そこに寄り添っていくシンセ・サウンドはバーのカクテルに反射するライティングのようにきらびやかで、どこか現実離れしている。そしてそこで歌われるのはたいてい、「彼女」や「きみ」の前に屈するばかりのか弱い男、敗者としてのラヴ・ソングである。近年のメール・シンガーによるR&Bが提示した現代性とは恋の敗者であることの快楽であり、そしてドーニクの歌はその純粋さゆえに、その心地よさに溺れることへの抵抗が一切ない。「強く強く強く みんな強くありつづけよう」と繰り返す“ストロング”は見事な反語である。

ドーニクはもう脚光を浴びて、フロントマンとしてステージに立っている。作風は外の世界を意識したものに変わっていくだろうし、それに合わせてサウンドも歌詞のテーマも変わっていくと思われる。だからこのデビュー作『ドーニク』は、彼にとってもリスナーにとっても永遠に不可侵な領域として残ることになるだろう。

公式サイトはこちら。ページが一枚しかないのが気になりますが。
http://dornikmusic.com

あまり更新されてませんが、公式のFacebookファンページもありますよ。
https://www.facebook.com/dornikmusic/

おすすめの曲

Dornikの代表的なナンバー『Drive』。

スローテンポながら、リズムにインパクトがあって、のりやすい曲です。

サビのメロディは大衆受けっぽいけど、シングルカットするなら、こういうのが親しみやすい。

イントロも綺麗だし、展開部も語りかける感じでよろしい。

非常にドライブ感のある曲。

サビの部分で、日本人には、Strong, Strong, Strong …が、シュトン、シュトン、シュトンと聞こえますが、そのストン感が非常に印象的で、一度、聞いたら忘れられません。

再生回数 237,806 の 100回ぐらいは、私が再生してると思います。Driveも(^_^)

これも透明感のあるバラードで、声も、歌唱も、シルクのようになめらか。
Dornikさまのアレンジは、第二メロディとの絡ませ方が上手いんだよね。
半音階ずつ下りてくるエンディングも印象的。曲の最後にこういう仕掛けをもってくるアーティストも珍しいでしょ。

これはマイケル・ジャクソンに似てますね。
でも、似ることは罪ではないです。あれほどのアーティストに影響されない方がどうかしてますから。
その後ろ姿を追いつつも、自分らしさを織り込むという点で、この曲は成功してると思いますよ。決して二番煎じとは思いません。

透明感のある歌声と、サビの変調が印象的。メロディラインを作るのが上手い。

これも既存のR&Bのヒット曲に似ているといわれたら、確かにその通りだが、そんな事を言いだしら、UKロックなんて、「いとこ」と「はとこ」のごった煮ですからね。
これもサビのメロディとバックコーラスの絡みが綺麗。

これはアレンジがいいです。

Dornikさまが自分でお作りになったコンプリートリスト。早く新曲を追加して欲しい。
私もFacebookかTwitterにファンメッセージを書き込もうかと思ったんだけど、やっぱ恥ずかしいので、自サイトにリンクを貼りまくって、応援することにしました。

CDはこちら。今はSpotifyの方が便利だけども。
ちなみにSpotifyで再生すると、わずかながらもアーティストに還元されるので、よろしくお願いしま~す!!

ドーニク
by (CD)
定価  ¥ 1,830
中古 9点 & 新品  ¥ 672 から
5つ星のうち 3.3  (2 件のカスタマーレビュー)

QUOTE CARD

No feeds available.
Morgenrood 曙光

Kindle Unlimited

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。Kindle Unlimited 読み放題の分冊もリリース。

この記事を書いた人

石田 朋子

文芸愛好家&サブカルチャー・ファン。主に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。寺山修司の名言『詩を作るより、田を作れ(揶揄)』をモットーに、好きな作品を次代に伝えることを目標にしています。海外在住につき、現代日本とは相容れない所がありますがご容赦ください。
※ 現在、制作巣ごもり中につき、ほとんど更新していません。