英雄的行為=自分の最高の苦悩と最高の希望とに向かって、同時に突き進んで行くこと『悦ばしき知識』

[su_quote cite=”ニーチェ全集〈8〉悦ばしき知識 (ちくま学芸文庫) “]
英雄的にさせるものは何か。
「自分の最高の苦悩と最高の希望とに向かって、同時に突き進んで行くことがそれだ」
[/su_quote]

これも『悦ばしき知識』の一節です。
正直、ニーチェの説く生き方は、無茶苦茶キツイ。

そりゃもう生きることも闘うことも止めて、
ノンベンダラリと流された方が楽に決まってる。

だけど、それでは空しさしか残らない。
本当の悦びも勝利も無い、とニーチェは説いてる訳です。

ところで彼はシアワセだったんでしょうか?

晩年には精神を病み、孤独の中に一生を終えた彼ですが、
もし言葉を交わすことができるなら、一度お聞きしてみたいもんです。

(愚問と叱られるかもしれんなあ (^^;)

初稿:1999年1月31日

最高の苦悩と最高の希望に向かって、同時に突き進んで行くことです、って!

車に喩えたら、アクセルとブレーキを同時に踏み込むようなものでしょうか。

下手すれば、シャフトが飛びそう。。

などという冗談はさておき……

そもそも『苦悩』など持てる時点で、その人の人生は相当に恵まれているといえる。

多くの人は、苦悩よりも不足、希望より妥協に心を痛めるものだからだ。

苦悩と呼ぶにふさわしい人生の課題を持てること自体、心の贅沢であり、選民に近い。

そのようにハイレベルな知性と精神に恵まれて、なおこの世に何を求めるのかと思う。

あるいは、人間が真に幸福になるには、「研ぎ澄まされた感性」だの「卓越した見識」だの「高級な知性」といったものは全く必要ないのではないか。

そこで私の悦ばしき知識は、こう言う。

ひたすら無知で、鈍感であれ

鞭で叩かれても、何も感じない人間こそ、最強にして不滅。

ガラス細工と同じで、高度なものほど脆い。そうではないか?

それでもなお、自分の最高の苦悩と最高の希望とに向かって、同時に突き進んで行くことに重きを置くならば、私たちは天に向かってこう言おう。

”どうぞ、知性を得る以前に戻して下さい。

そうすれば、私たちは、ただ食らい、眠るだけの人生に、YESと言えますから”

毎日、うまい酒と楽しい仲間さえあれば満足な人がある一方で、最高の苦悩と希望を追い求める人間がいる。

そのギャップこそ、苦悩の根源ではあるまいか。

世の全ての人が道理に明るければ、苦悩など感じようがないから。

QUOTE CARD

  • どんな高邁な理想も、言葉だけでは人は動かせない。 身をもって示して初めて、理想が理想としての意味をもつ。 その後、彼は死ぬまで父を忘れず、その生き様を指針にするわけだが、愛とは何かと問われたら、慈しむだけが全てではない。身をもって生き様を示す勇気も至上のものだろう。 誰でも犠牲は怖い。  自分だけ馬鹿正直をして、損したくない気持ちは皆同じだ。  だが、その結果、一番側で見ている子供はどうなるか、いわずもがなだろう。  言行の伴わない親を持つほど不幸なことはない。  たとえ現世で馬鹿正直と言われても、本物の勇気、本物の優しさ、本物の気高さを間近に見ることができた子供は幸いである。 どんな高邁な理想も、言葉だけでは人は動かせない。 身をもって示して初めて、理想が理想としての意味をもつ。...
  • 「創造的」というのは詩を書いたり、絵を描いたり、という意味ではありません。無の平原から意味のある何かを立ち上げることです。 より良く生きる為に、日々、考えること、実行すること、その全てが『創造』です。 どんなに小さくても、昨日よりは今日、今日よりは明日、少しずつでも歩みを進め、善きものを積み上げることを「創造的な生き方」と言います。 「創造的」というのは詩を書いたり、絵を描いたり、という意味ではありません。無の平原から意味のある何かを立ち上げることです。 より良く生きる為に、日々、考えること、実行すること、その全てが『創造』です。...
Morgenrood 曙光

Kindle Unlimited

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。Kindle Unlimited 読み放題の分冊もリリース。

この記事を書いた人

石田 朋子

文芸愛好家&サブカルチャー・ファン。主に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。寺山修司の名言『詩を作るより、田を作れ(揶揄)』をモットーに、好きな作品を次代に伝えることを目標にしています。海外在住につき、現代日本とは相容れない所がありますがご容赦ください。
※ 現在、制作巣ごもり中につき、ほとんど更新していません。