酒とバラの日々 オスカルさまとブランデー

※ 『ベルサイユのばら 第6巻』結婚話をけってから、強い酒ばかり飲むようになったオスカルにまつわるコラムです。

ポーランドの大きな社会問題の一つに「アルコール依存症」があります。
仕事も家族も失った人がホームレスになり、マイナス20度を超える厳冬の夜にはたくさんの凍死者が出るなど、以前からその救済が叫ばれています。
が、中には、心理的な理由から公的援助に背を向ける人もあり、「施設を作りさえすれば救済できる」という単純なものでもありません。援助が必要であっても、人の心に簡単に立ち入ることはできないのです。

依存症が急増した理由の一つには、共産主義時代、旧ソ連から大量のアルコールが安価で流入したという謂われがあります。酒に溺れて人間が堕落し、無気力・無抵抗になった方が支配者には都合がいいからです。

それに加えて、家族の離散(我が子や兄弟が先進国に出稼ぎに行ったまま帰らず、国境を超えて離散してしまうケースは多い)、生き甲斐の喪失や社会不安など、やりきれない気持ちから、ついつい酒に手が伸びてしまったのでしょう。

私もお酒は大好きで、一時期、ストレスから寝酒にはまったこともありますけど、人間が壊れるほど飲んでしまう人の気持ちは測り知れません。

ベルばらでは、革命の不穏な空気を前に、オスカルがブランデーばかり飲んで、ばあやを嘆かせる場面があります。
「結婚のはなしをけっておしまいになってから、昼といわず夜といわず、強いお酒ばかりめしあがって……ほんとに、身体にいいわけがないのに……」
そして、ばあやに叱咤されても、
「ごめん、ばあや……のまずにいられないのだよ……ブランデーをくれ」
と飲み続け、後の喀血の要因を作ります。
(喀血は、疲労や飲酒で体調が低下した時に、同じく栄養状態の悪い兵士たちの中で結核をうつされたのが原因でしょうね) 

オスカルが酒に走った理由は、原作では細かに書かれていませんが、『結婚のはなしをけってから』と言われている点から、ジェローデルとの縁談は、彼女の生き方や価値観を根底から覆すような一大事件だったことが推察されます。
毅然と断った話とはいえ、ジェローデルに、「欲しいと思ったはずだ、平凡な女性としての幸せ」と指摘されたのは痛かったし、「アンドレを愛しているのか」という問いかけも、一番言われたくなかった事でしょう。彼を愛していると認めることは、精神的にも、社会的にも、今生きている方向とは逆に向かうことですから、あえて考えないし、分かりたくもない――というのが、彼女の本音ではなかったかと感じます。

私は、ベルばらがこれほど女性に支持されるのも、ジェローデルとの結婚話を通じて、オスカルが非常に哲学的な存在になったからではないかと思います。多分、このエピソードがなかったら、作品全体の印象がまったく違っていたことでしょう。 
ジェローデルの問いかけは、全女性に対する問いかけであり、「結婚――女ならば、それが本当の幸福なのだろうか」と立ち止まるオスカルの姿は、まさに現代女性の葛藤そのものです。
だからこそ与えられた運命に感謝し、自分で道を切り開いていく姿が際だつのではないでしょうか。

ベルばらに描かれた「革命」というのは、オスカルの内なる革命の物語でもあると思います。彼女が捨てたのは貴族の称号ではなく、「こうあるべき」という頑な生き方と価値観であり、その殻を打ち破った時、彼女自身もまた真の心の自由と幸福を手に入れました。

そして、その革命を達成するには、ちょっとばかり酒の力が必要だったんですね。

ヘンリー・マンシーニの名曲『酒とバラの日々』は、まるでオスカルの心情を物語るように、「Nevermore」という言葉で、無邪気に戯れた日々との訣別を謳っています。

美しい曲ですので、機会があれば、ぜひ聞いてみて下さいね。

The days of wine and roses
Laugh and run away like a child at play
Through the meadowland toward a closing door
A door marked “Nevermore” that wasn’t there before

The lonely night discloses
Jast a passing breeze filled with memories
Of the golden smile that introduced me to
The days of wine and roses and you…

酒とバラの日々よ
お前は戯れる子供のように
草原の中を笑い 駆け抜けて行く
閉まりゆく扉――
以前そこにはなかった
“二度と戻れない”と記された扉に向かって

淋しい夜は そよ風の中に思い出す
酒とバラの日々 そしてあなたへと誘った
輝かしい微笑みを
(作詞:ジョニー・マーサー)

You Tube「ペリー・コモの酒とバラの日々」

[afTag id=48426]

ベルサイユのばら 第6巻より

酒ばかり飲むオスカル。

ベルサイユのばら オスカル 

「酒に逃げようなど、つゆほども考えず」という台詞が好きで、『つゆほども』という言葉はこの場面で覚えました。

ベルサイユのばら オスカル 

その他のベルばらコラム

[su_posts template=”templates/list-loop.php” posts_per_page=”5″ post_type=”any” taxonomy=”post_tag” tax_term=”36″ order=”desc” orderby=”rand”]
[su_spacer]
[su_label type=”info”]タグ[/su_label] 東欧ベルばら漫談

QUOTE CARD

  • どんな高邁な理想も、言葉だけでは人は動かせない。 身をもって示して初めて、理想が理想としての意味をもつ。 その後、彼は死ぬまで父を忘れず、その生き様を指針にするわけだが、愛とは何かと問われたら、慈しむだけが全てではない。身をもって生き様を示す勇気も至上のものだろう。 誰でも犠牲は怖い。  自分だけ馬鹿正直をして、損したくない気持ちは皆同じだ。  だが、その結果、一番側で見ている子供はどうなるか、いわずもがなだろう。  言行の伴わない親を持つほど不幸なことはない。  たとえ現世で馬鹿正直と言われても、本物の勇気、本物の優しさ、本物の気高さを間近に見ることができた子供は幸いである。 どんな高邁な理想も、言葉だけでは人は動かせない。 身をもって示して初めて、理想が理想としての意味をもつ。...
  • 「創造的」というのは詩を書いたり、絵を描いたり、という意味ではありません。無の平原から意味のある何かを立ち上げることです。 より良く生きる為に、日々、考えること、実行すること、その全てが『創造』です。 どんなに小さくても、昨日よりは今日、今日よりは明日、少しずつでも歩みを進め、善きものを積み上げることを「創造的な生き方」と言います。 「創造的」というのは詩を書いたり、絵を描いたり、という意味ではありません。無の平原から意味のある何かを立ち上げることです。 より良く生きる為に、日々、考えること、実行すること、その全てが『創造』です。...
Morgenrood 曙光

Kindle Unlimited

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。Kindle Unlimited 読み放題の分冊もリリース。

この記事を書いた人

石田 朋子

文芸愛好家&サブカルチャー・ファン。主に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。寺山修司の名言『詩を作るより、田を作れ(揶揄)』をモットーに、好きな作品を次代に伝えることを目標にしています。海外在住につき、現代日本とは相容れない所がありますがご容赦ください。
※ 現在、制作巣ごもり中につき、ほとんど更新していません。