ジレ・ジョーヌを着た『島の馬』(ジャック・プレヴェール)

どこか遠くの島に、ひとりぼちの馬がいる。

馬が草など食べている。そのむこうに一艘の船が見える。それは馬がこの島へ来るとき乗った船で、いずれ帰るときにも乗る船だ。

もともとひとりぽっちの馬ではない。

ほかの馬との付き合いが大好きだから、こうしてひとりでいると退屈でたまらない。

何か、ほかの馬の役に立つことをしたいと馬は思う。

<中略>

そこで草を食べ食べ、大計画を立てる。

その大計画とはこうだ。

仲間のところへ帰って、みんなに言う。

「これは変わらなきゃいけない ・・<中略>・・ ぼくらのくらしが変わらなきゃいけない。ぼくらのくらしはあんまり惨めだ。ぼくらはあんまり不仕合わせだ。こんな有様が長続きするはずがない」

けれども、常日頃おいしいものを食べている肥った馬たち。人間のお偉方の霊柩車や王様の四輪馬車を引っ張り、頭に大きな藁の飾りをつけている馬たちは、この馬の話を邪魔して言うだろう。

「お前、何がそんなに不満なんだ。馬は≪人間に仕える動物のなかでもっとも高貴なもの≫だと言うじゃないか。お前はそうじゃないのかい」

そう言って、からかうだろう。

<中略>

けれども、今この島でじっくり考えている馬は、声を張りあげるだろう。

「人間はぼくらに山ほど贈り物をくれた。でもあんまり気前がよすぎるとは思わないか。 <中略> ぼくはもうまっぴらだ。人間から預かっている宝物は、もうそろそろ引き取ってもらったらどうだろう……馬小屋や、騎兵隊の兵舎や、屠殺場や、競馬場や、桜肉屋の壁にまで、人間は大まじめに大きな文字で<動物愛護>なんて書いているが、あれはどう考えてもぼくら馬にたいする侮辱じゃないか。きみたちはそう思わないのか!」

すると、荷車を引っ張る馬たちはみんな納得して、みんなで人間たちに面会を申し込み、大声でこう言うだろう。

馬たち

「人間よ、あんた方の馬車や鋤を引っぱること、あんた方の競馬場で走ること、その他の仕事も、ぼくらは喜んでやりましょう。

但し、それはあんた方へのサービスなのだから、ぼくらにもサービスを返してもらわなければ困る。 

その点をはっきりさせておこうい。

ときどきあんた方は死んだぼくらを食べるが、それはべつにかまわない。それがあんた方の好みなのだから。

好みもさまざまだが、ときどきあんた方はぼくらを殴る。

これは二度と繰り返されてはならない」

「それから、ぼくらは毎日、燕麦を食べたい。

毎日おいしい水を飲みたい。

それから休みの日が欲しいし、何よりもまず、ぼくらを尊敬すること。

ぼくらは馬であって、牛ではないのだ」

「今後、一度殴った人間は(馬に)噛みつかれるだろう。二度殴った人間は殺されるだろう。以上終わり」

ここで人間は、自分たちのやり方がひどすぎたことを悟って、もっと道理をわきまえるようになるだろう。

いつの日か、きっとこうなるに違いない。

いろんな場面を空想して、馬はにっこりする。

唄のかわりに馬は叫ぶ。

「自由ばんざい」

ほかの島で、ほかの馬たちがその声を聞き、自分たちも力いっぱい叫ぶ。

「自由ばんざい」

島々に住む人間たち、大陸に住む人間たちも、みんなその声を聞いて、あれは何だろうと訝るが、すぐ安心し、肩をすくめて言う。

「なんでもない。馬のいななきだ」

馬たちが計画していることなど夢にも知らないで。

ジャック・プレヴェール 『島の馬』

一頭の馬のいななきが、万の馬に響いたかどうかは分からない。

それは孤独な馬の一人語りかもしれないし、暇な馬の夢想かもしれない。

だが、もしかしたら、万の馬の心を動かし、馬の革命に発展するかもしれない。

離れ小島の、一匹の馬の思い付きも、万の馬が行動すれば、人間社会だってひっくり返るだろう。

黄色いベストが「馬」とは言わないが、そう感じていた人も多いはず。

『何よりもまず、ぼくらを尊敬すること』

政治における優先順位は、人間の尊厳の問題でもある。

書類の上の増税も、ある人にとっては、侮辱や疎外に感じるだろう。

貧乏人は、欲しいものが手に入らない苦しみよりも、社会の下層で虐げられる苦痛の方がはるかに強いのだ。

ジレ・ジョーヌを着た幾千万の馬たちは、プレヴェールの詩の通り、政府が道理をわきまえるまでデモを繰り返し、大統領の退陣まで続くのか。

あるいは、社会の底が抜けるまで。

一人ではか弱い馬も、百万頭が一つにまとまって駆け出せば、巨人も簡単になぎ倒す。

社会が分断するから、混乱するのではない。

混乱させる為に、社会を分断する。

民衆を弱体化させる最善の方法は、世代や所得や肩書きで細分化し、互いに争わせることなんだよ。

ManifGiletsJaunesVesoul 17nov2018 (cropped).jpg
By Obier投稿者自身による作品, CC 表示-継承 4.0, Link

Morgenrood 曙光

Kindleストア

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。Kindle Unlimited 読み放題の分冊もリリース開始。

この記事を書いた人

石田 朋子

文芸愛好家&サブカルチャー・ファン。主に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。寺山修司の名言『詩を作るより、田を作れ(揶揄)』をモットーに、好きな作品を次代に伝えることを目標にしています。海外在住につき、現代日本とは相容れない所がありますがご容赦ください。趣味はドライブと登山。