パリ サクレクール寺院

ベルばら・コード サクレクール寺院を探せ 池田理代子の創作秘話より

近年、世界中にセンセーションを巻き起こし、昨年はトム・ハンクス主演の映画も公開されたダン・ブラウン原作の『ダ・ヴィンチ・コード』は、「イエス・キリストとマグダラのマリアは結婚していて、その末裔は今も生きている」という大胆な仮説のもとに創られました。日本でも、幾つもの謎解き本が出版されたり、TVの特番が放送されたり、大変な人気でした。

この『ダ・ヴィンチ・コード』には、『ローズ・ライン』と呼ばれる世界初の経度ゼロ線が、謎を解く重要な鍵としてしばしば登場します。ダン・ブラウンの説明によると、1884年に世界共通の子午線の基点としてグリニッジ天文台が公認される前は、フランス人にとってゼロ度の経線はパリのサン・シュルピス教会を通るものであり、今もその事実の記念として、パリの歩道や中庭や街路には135個の青銅のメダルが埋め込まれ、南北に走る軸線を形作っているとのことです。

そういえば、4年前にパリを旅行した時、そのようなものを見かけた記憶がありますが、その時は大して気にも留めず、エッフェル塔や凱旋門の写真をパチパチ撮って喜んでいたものでした。

しかし、主人公のラングドンは、これこそが『聖杯』、すなわちマグダラのマリアの遺骨が納められた場所を暗示するものだと気付き、ついに人類最大の謎を解き明かします。

謎解きのクライマックスには、ラングドンが辿ったローズ・ラインの起点として、「パリの心臓」とも言うべきサクレクール寺院が登場します。
このモンマルトルの丘にそびえる白亜の大聖堂は、19世紀後半、普仏戦争によって傷ついたパリ市民の心を癒す為に建造が始まり、1914年に完成しました。展望台となっている巨大なドームが特徴で、パリ市内のどこからでも見渡すことができます。

私が一番印象に残っているのは、近代美術館として有名なポピンドゥー・センターの階上から見た風景で、なだらかな丘の上に白いドームがきらきら輝いて見える様は、まるで青空に浮かぶブラマンジェのようでした。

ところで、フランス革命時には存在しなかったこのサクレクール寺院が、ベルばらに描かれているのをご存じでしょうか。 

私も最近まで知らなかったのですが、今年2月にNHK教育で放送された『知るを楽しむ 人生の歩き方(日本放送出版協会)』を読んで、初めて知りました。   

池田先生曰く、「フランスに行ったこともなければ、飛行機に乗ったこともなかった。そんなお金もありませんでしたし。だから、図書館や出版社の資料室に行って、日本で手に入れられる限りの本を資料にしました。実物はまったく見ずに写真を見て絵を描いていたわけです」とのこと。

私は、池田先生のことだから、何度も現地に足を運ばれて、その感動を込めるようにして描かれたのだとばかり思っていました。フランスはおろか、ベルサイユ宮殿さえ直にご覧になることなく、あの大作を描かれたと知って、とても驚いたものです。

ベルばらが連載されたのは1972年から73年にかけてですが、当時はヨーロッパに旅行する人はまだまだ少数派でしたし、インターネットもありませんでしたから、資料集めや時代考証など、創作のご苦労は想像して余りあります。
だからこそ、誰も見たことのないような美しい薔薇が花開き、そのオリジナリティあふれる世界に、多くの読者が惹きつけられたのではないでしょうか。
勢いのままに描かれてしまったサクレクール寺院ですが、先生の努力とベルばらの魅力の前には、何の問題もないように感じます。

さて、その箇所ですが、謎を解くコード(暗号)は、「公爵」「結婚」「シャルロット」です。私も絶対的に「これ」と言い切る自信はないですが、多分、このコマだと思います。   
皆さんもぜひ探してみて下さい。

参考文献 
ダン・ブラウン・原作 
越前敏弥・訳
『ダ・ヴィンチ・コード』(角川文庫) 

この投稿は2007年~2008年にかけて”優月まり”のペンネームで『ベルばらKidsぷらざ』に連載した原稿のリライトです。

『ベルばらKidsぷらざ 東欧ベルばら漫談』の一覧はこちら

 

ベルサイユのばら 第3巻より

ド・ギーシュ公爵は若い娘がお好きなのよ」にビビった女の子も多かったのではないでしょうか。

な……なに、それ……13歳でオヤジと結婚って……^^;

シャルロット嬢は13歳ですよ。

ベルサイユのばら ポリニャック夫人 シャルロット

多分、コレだと思う。

ベルサイユのばら ポリニャック夫人 シャルロット

ベルサイユのばら (3) (マーガレット・コミックス (116))

関連のある記事

None found

ダン・ブラウンの『ダ・ヴィンチ・コード』

私もダン・ブラウンの小説は「天使と悪魔」「パズル・パレス」「デセプション・ポイント」「ロスト・シンボル」とほとんど持っていますが、ダ・ヴィンチ・コードもハリウッド・テイストで面白いです。明らかに映画化を狙ったような作りで、

ダ・ヴィンチ・コード(上) (角川文庫)
出演者  
監督  
定価  ¥ 648
中古 748点 & 新品  ¥ 1 から
5つ星のうち 3.9 (363 件のカスタマーレビュー)

ダ・ヴィンチ・コード (エクステンデッド・エディション) (字幕版)
出演者  トム・ハンクス, オドレイ・トトゥ, イアン・マッケラン, アルフレッド・モリナ, ユルゲン・プロフノウ
監督  Ron Howard
定価  ¥ 199
中古 1点 & 新品  ¥ 199 から
5つ星のうち 3.9 (270 件のカスタマーレビュー)

ネタばれになりますが、ラストシーン、『ローズライン』の謎を解き、イエスの妻とされるマグダラのマリアが埋葬された場所に辿り着く場面です。
「トム・ハンクスはとても騎士に見えない」と揶揄する声もありましたが、これはこれで良かったのではないでしょうか。

フランス ば・ん・ざ・い

ベルサイユ。。。

ベルサイユ宮殿 フランス

私がパリで一番感動したのが、ロダン美術館の庭園。ロダンの傑作『考える人』の向こうに、ナポレオンが眠る『アンヴァリッド(廃兵院)』の伽藍が見えるという最高の贅沢。こんな町に暮らしていたら、歴史観も美術センスも違いますよね。

ロダン 考える人 アンヴァリッド

ポピンドゥーセンターの屋上からの眺め。パリの情勢も大きく変わりましたが、それでも歴史と文化をずっしり感じる都市です。

ポピンドゥーセンター

エッフェル塔も雑誌やTVでは「ふ~ん」という感じですが、本物を見たら、やはり感動しますよ。
私の時は入場も楽でしたが、今は持ち物チェックも厳しいと思います。なんだかんだでパリの心髄ですから。

エッフェル塔

広告
>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

ニムロディウムという架空の金属元素を中心に、鉱業、海底鉱物資源、深海調査、海洋情報ネットワーク、建築&デザインなどをテーマに描く人間ドラマ。水深3000メートルに眠るニムロディウムの採掘は世界を変えるのか。生の哲学を中心に海洋社会に生きる人々の願いと攻防を描きます。Google Driveにて無料サンプルPDFも配布中。

CTR IMG