『言葉で人を救えると思いますか』 #『質問』の答え

https://flyingquestions.tumblr.com/post/162512716055/言葉で人を救えると思いますか

医療福祉の現場に居ると、「世の中、金がすべて」と実感することしきりです。

「今すぐ死にたい」という人も、突き詰めれば、経済的困窮が最大の原因だったりする。病気の痛み苦しみよりも、「家賃が払えない」「貯金が底を突く」といった経済問題の方がはるかに深刻で、はるかに心を病むのです。

そんな病人に慰めや励ましの言葉をかけたところで、何の救いにもなりません。

必要なのは、ゆっくり体を休める場所。少額でも安定した収入。おいしいご飯。家事を手伝ってくれる人。

以前、安達祐実ちゃんのドラマで「同情するなら、お金をちょうだい!」という決め台詞があったけれど、まさにその通り。

救済とは常に具体的であるべき……というのが、医療福祉の現場における私の持論です。

一方で、人間というのは、とりあえず腹が満たされると、次は心の飢えが気になる。

今日食べる物に不足しなくても、とにかく誰かの同意が欲しい、慰めの言葉が聞きたい、これで間違いないと言って欲しい、etc。

時に空腹よりも激しい飢餓感をもって、他人の言葉を求め歩きます。

ただ一つ、食物と異なるのは、美味しいラーメンは誰にとっても美味しいけれど、言葉はそうではない、ということです。

受け手の心にそれを理解する知性と感性がなければ、どれほど価値のある言葉も馬耳東風、心の救いにはなりません。それどころか、敵と見誤り、いわゆる逆ギレする人も少なくありません。

言葉というのは、受け手と一体になって、初めて機能するものだと。

そういう意味で、言葉に期待するのも半分なら、救われるものも半分とういのが、私の率直な気持ちです。

寺山修司

本にも寿命があるならば、そこに綴られた言葉も一緒に死んでしまうのでしょうか?

こわいことです。消しゴム一つで消えてしまう人に じぶんの身柄をあずけるなんて

このフレーズが好きなのですけど、誰の目にも触れなければ、存在しないのも同じでしょう。

その時、言葉はどうなるの。

綴った人の想いは何処へ行くの。

私だけが知っていて、あの世に持って行くのは悲しすぎます。

[question]

QUOTE CARD

No feeds available.
Morgenrood 曙光

Kindle Unlimited

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。Kindle Unlimited 読み放題の分冊もリリース。

この記事を書いた人

石田 朋子

文芸愛好家&サブカルチャー・ファン。主に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。寺山修司の名言『詩を作るより、田を作れ(揶揄)』をモットーに、好きな作品を次代に伝えることを目標にしています。海外在住につき、現代日本とは相容れない所がありますがご容赦ください。
※ 現在、制作巣ごもり中につき、ほとんど更新していません。