『心も年をとるのでしょうか』#質問の答え

https://flyingquestions.tumblr.com/post/162114716745/東京丸ビルの32階から隣のビルを見下ろすと

残念ながら、とると思います。

だって、いつまでも夜店の金魚すくいやゴレンジャーに胸をときめかすわけではないもの。

子供の頃はね。

OPの爆発音を聞くだけで、嬉しかったですよ。

中に誰が入っているとか、どこで撮影してるとか、構成がどうとか、関連商品が売れたとか、そんなこと、どうでもよかった。

ただもう、青レンジャーが恰好いいとか、大ちゃんの食ってるカレーが美味そうとか、お決まりのパターンで最後に怪人が「うわー、ちゃっちゃっちゃ」と叫びながら爆発するだけで楽しくてね。毎週土曜日が待ち遠しくて、チャンネルを回せば、いつものようにゴレンジャーが始まり、次に八時だよ!全員集合が始まり、Gメン75が始まり、丹波哲郎が渋く決めたら、それでよかったの。将来何が起こるとか、お金を稼ぐのがどんなに辛いとか、考えもしない。考えもしないから、何を見ても楽しいし、何を見ても夢中になって、その裏にある大人の思惑など想像だにしなかった。

ところが、知見を広め、年をとると、そういうわけにいかなくなる。

この演出は世界的に見れば暴力的ではないか、大ちゃんに不幸があったというのは本当か、モモレンジャーのホットパンツがぴちぴちなのは、やはり計算されたお色気なのか、等々、ろくなこと考えないでしょう。

『心』と呼ぶものの中には、知見、理性、経験、達観、それら全て含むのかもしれません。

でも、どんどん頭で考えることの比重が高くなって、怪人のダジャレに素直に喜べた日は遠くなるばかりだし、感じたことより理屈の方が立つようになる。それこそ惰性の始まりではないかという気がしてなりません。

そして、来る日も来る日も、似たようなことばかり考え、物事を見つめ直すこともなく、経験に囚われるようになれば、心が老いたと言われても仕方ないでしょう。

かといって「若い心」が一番偉大というわけではなく、人間が最後に行き着く境地としては、いささか悲哀が漂うのではないかという話です。

[question]

Morgenrood 曙光

Kindleストア

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。Kindle Unlimited 読み放題の分冊もリリース開始。

この記事を書いた人

石田 朋子

文芸愛好家&サブカルチャー・ファン。主に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。寺山修司の名言『詩を作るより、田を作れ(揶揄)』をモットーに、好きな作品を次代に伝えることを目標にしています。海外在住につき、現代日本とは相容れない所がありますがご容赦ください。趣味はドライブと登山。