荒井由実『雨の街を』

時代がどれほど変わって、女性が自由や力を得たとしても、きっと永遠に変わらないものがある。

それは、「女のコの気持ち」。

たとえば、ユーミンが歌う『雨の街を』の心象風景。

誰かやさしくわたしの肩を抱いてくれたら
どこまでも遠いところへ 歩いてゆけそう

「女のコの気持ち」というのは、ほんと、この一言に尽きる。

強がったり、突っ張ったり、出来る自分を主張して見せるけど、本当に欲しいのは誰かの限りない愛。

自分のことをホントに分かってくれて、いつも見守ってくれる人が世界にたった一人でもいたならば、それだけで幸せに生きて行けるのだ。

*

思えば、「女性」というのは、オギャアと生まれた時から、本当の意味での自分の「居場所」というのは持てないものだ。

子供~独身時代は「いつお嫁に行ってくれるの?」と無言の圧力をかけられ、年を重ねるほど、「実家」に居づらくなる(自分の家なのに)。

お嫁に行けば行ったで、「お前はこの家に嫁いできたのだから」と婚家の流儀を押しつけられ、我が親よりも夫親優先だ。

うるさい姑からやっと解放され、さあ人生仕切り直しと思った頃には、身体もすっかり言うことを聞かず、子供やその嫁からは、「後の始末、どうするの」と厄介者にされる。

『女、三界に家無し』というけれど、ほんとにそんなものだな、と。

生まれた家に暮らし続けることさえ許されない女の気持ち、男には絶対に分からないだろう。

*

だから、愛よりも「力を欲しがる」のは当然だ。

愛は裏切られることもあるけれど、自分で得た力──能力、経済力、権力といったものには裏切られることがない。

「誰かにやさしく肩を抱いて欲しい」けれど、そこに人生を懸けたくない気持ちは、現代の女性なら誰でも一度は感じるものだと思う。

*

だからといって、女は「女性」であることを止められるだろうか。

恐らく、多くの女にとって、その答えは「NO」のはずだ。

「女であること」は、「男が、男であること」より、単純ではない。

女は「人間」と「女性」と二つの人生を生きなければならない。

その身体の中心には、何十億年と受け継がれてきたDNAの使命がこの世で最も強い本能でもって「その時」を待ち構えている。

理屈でねじ伏せられるものではない。

ゆえに、女は、MANではなく、W=オッパイと、O=子宮をもったWOMANと呼ばれる。

*

だから、時には、自然な「女のコの気持ち」に自分を委ね、素直に空白の部分を認めることも大切なのだ。

この曲は、そうした自然な気持ちを、優しく受けとめてくれる。

淋しさを口にすることは弱さの証ではないし、愛を求めることも恥ずかしいことじゃない。

だって、私たちは、自分の住処さえ持てない「女」じゃないの。

時には不安になって当然だ、って。

*

いつか、やさしく、肩を抱いてくれる人に出会ったら、一人で淋しかった夜のことを話したい。

*
 
そんな気持ちにさせてくれる名曲です♪

ひこうき雲
by (CD)
定価  ¥ 2,381
中古 38点 & 新品  ¥ 1,296 から
5つ星のうち 4.5  (95 件のカスタマーレビュー)

1973年発表のデビュー・アルバムをリマスタリングして再発売。アサヒ『旨茶』CMソング「きっと言える」「紙ヒコーキ」「ひこうき雲」他、全11曲を収録。 (C)RS

世代を超えて聞き継がれるユーミンのデビューアルバム。
アコースティックでシンプルな作りがら、胸が痛くなるほど映像美にあふれ、彼女の歌に自分の青春を重ね見ない人はないのではないかと思う。
ほっとしたい時、優しい気持ちになりたい時に聞きたいアルバム。

QUOTE CARD

  • どんな高邁な理想も、言葉だけでは人は動かせない。 身をもって示して初めて、理想が理想としての意味をもつ。 その後、彼は死ぬまで父を忘れず、その生き様を指針にするわけだが、愛とは何かと問われたら、慈しむだけが全てではない。身をもって生き様を示す勇気も至上のものだろう。 誰でも犠牲は怖い。  自分だけ馬鹿正直をして、損したくない気持ちは皆同じだ。  だが、その結果、一番側で見ている子供はどうなるか、いわずもがなだろう。  言行の伴わない親を持つほど不幸なことはない。  たとえ現世で馬鹿正直と言われても、本物の勇気、本物の優しさ、本物の気高さを間近に見ることができた子供は幸いである。 どんな高邁な理想も、言葉だけでは人は動かせない。 身をもって示して初めて、理想が理想としての意味をもつ。...
  • 「創造的」というのは詩を書いたり、絵を描いたり、という意味ではありません。無の平原から意味のある何かを立ち上げることです。 より良く生きる為に、日々、考えること、実行すること、その全てが『創造』です。 どんなに小さくても、昨日よりは今日、今日よりは明日、少しずつでも歩みを進め、善きものを積み上げることを「創造的な生き方」と言います。 「創造的」というのは詩を書いたり、絵を描いたり、という意味ではありません。無の平原から意味のある何かを立ち上げることです。 より良く生きる為に、日々、考えること、実行すること、その全てが『創造』です。...
Morgenrood 曙光

Kindle Unlimited

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。Kindle Unlimited 読み放題の分冊もリリース。

この記事を書いた人

石田 朋子

文芸愛好家&サブカルチャー・ファン。主に70年代~90年代の作品に思い入れがあります。寺山修司の名言『詩を作るより、田を作れ(揶揄)』をモットーに、好きな作品を次代に伝えることを目標にしています。海外在住につき、現代日本とは相容れない所がありますがご容赦ください。
※ 現在、制作巣ごもり中につき、ほとんど更新していません。