扇動政治家は祖国を内紛へと誘導する時、最も力を発揮する『水を打つ漁師』イソップ寓話集より

漁師が川で漁りしていた。まず、流れの両側に差し渡して網を張っておき、紐にくくりつけた石で水を打った。不意をつかれて逃げる魚が、網にかかるという寸法だ。
ところが、これを見ていた近所の住民が、川を濁し、澄みきった水を飲めなくするものだ、と文句を言うので、漁師は答えて、
「しかし、こうやって川をかきまぜないと、俺さまが飢え死にせにゃならん」
このように国の場合でも、扇動政治家は祖国を内紛へと誘導する時、最も力を発揮するのだ。

イソップ寓話集(岩波文庫)

昔、ジョン・レノンが歌っていた。「すべての人々が平和に暮らしている姿を想像してみよう」と。

でも、そんな日は永遠に来ないことを私たちは知っている。

人間が愚かだから、ではなく、平和になったら困る人たちが少なからず存在するからだ。

絶えず争いの種を蒔き、動乱の影で漁夫の利を得るものがいる。

私たちは、さながら網にかかった魚のように、バタバタと藻掻くだけ。

運悪く網に捕らえられたら死ぬしかないし、たとえ網から逃れても、川が汚れては生き延びようがない。

では、どうするか。

どんな時も、本物の敵を見抜くこと。

混乱を栄養にして肥え太るものに注意を払うこと。

慌てて、さざ波を大きくしないこと。

もともと、平和とは退屈なもの。

そんな平和に倦まないこと。

イソップ寓話集 (岩波文庫) (文庫)
by イソップ

Price: ¥ 1,102
33 used & new available from ¥ 262
5つ星のうち 4.3 (25 customer reviews)

広告
>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

ニムロディウムという架空の金属元素を中心に、鉱業、海底鉱物資源、深海調査、海洋情報ネットワーク、建築&デザインなどをテーマに描く人間ドラマ。水深3000メートルに眠るニムロディウムの採掘は世界を変えるのか。生の哲学を中心に海洋社会に生きる人々の願いと攻防を描きます。Google Driveにて無料サンプルPDFも配布中。

CTR IMG