Novella 詩想と映画・音楽・書籍のレビューについて

当サイトの趣旨・詩を作るより、田を作れ

「詩を作るより、田を作れ」というのは寺山修司のコラムの引用です。

実用性や生産性重視の考え方は政治的であり、文芸はその真逆にある、というのが引用元の主旨です。

『詩を作るより、田を作れ』 文芸の価値と詩を役立てる心について

詩を作るより、田を作れ

「詩を作るより、田を作れ」という思想は、根本的には政治主義に根ざしたものである。それは「役に立つ」ということを第一義に考えた処世訓であって「詩なんかなくても生きることはできるが、田がなければ生きることはできない。だから、どうせやるなら自他ともに役立つところの、田を作る方に打ちこむべきだ」といったほどの意味である。勿論、ここでいわれる「田を作る」ということは比喩であって、「目に見えた効果、社会的に有効な仕事」といったことを指しているのであろう。(21P)

実際、他人に「役に立つ詩」は存在しないかも知れない。
詩は、書いた詩人が自分に役立てるために書くのであって、書くという「体験」を通して新しい世界に踏み込んでゆくために存在しているものなのだ。
だが、「役に立つ詩」はなくても「詩を役立てる心」はある。それはあくまでも受け取り手の側の問題であって、詩の機能をうらからたぐりよせてゆくための社会性の法則のようなものである。

人生処方詩集 寺山修司

今、文芸の礎である出版業界も低迷に喘いでいるそうです。

現代ものはともかく、古典になると、その需要はさらに激減。よほど熱心な読者でない限り、見向きもしないのが現状でしょう。

復刊ドットコムでも、復刊されるのは、大半がマンガで、市場から消滅した古典の名訳など打ち捨てられています。

では、なぜ、詩や小説が後回しにされるかといえば、直截的に役に立たないからでしょう。

読んだところで、ざくざくお金が貯まるわけでもなければ、素敵な彼氏ができるわけでもない。

ノウハウもなければ、お得なクーポンが付いてるわけでもない、作家の大半は何十年、何百年も前に死んでいるので、ファンレターも書けません。

即、目に見える効果や見返りを期待する人にとって、詩だの、小説だのは、とことん抽象的で、そこに込められたメッセージを読み取る力がなければ、退屈な夢物語でしかないでしょう。まして、今は現実の出来事の方がフィクションを超えているし、有名・匿名のつぶやき、ネットの炎上記事の方がはるかに面白い。手軽さや役立ち度でいえば、詩や小説など退屈の極みでしかないと思います。おまけに、読み通すのに、何時間もの体力と集中力が要る。毎日忙しく、心身ともに疲れ切った人にとっては、手軽に元気を補給できるコンテンツの方がはるかに有り難いでしょう。

では、この現代において、文芸の役割は何なのか……という話になると、これはもう寺山修司の時代から、いやそれ以前から、存在意義を問われるものです。

文学にしても、哲学にしても、あくせく働く必要のない上級市民の知的遊戯で、多くの人は日々を生き抜くのに必死、生き甲斐だの、魂だの、なんて話題は、暮らしに困らない人のファンタジーでしかありません。それより、田畑をどうするか、明日の食事をどうするか、厳冬をどう乗り切るか、現実的な方策の方がはるかに大事でしょう。庶民にしてみたら、「自我とは何か」なんて話より、「あなたの田畑の収穫を10倍アップする方法」の方がはるかに有り難いのですよ。これはもう、低級・上級などという話ではなく、逼迫した庶民の偽らざる気持ちです。

にもかかわらず、古典が今日まで生き延び、現在も少なからず需要があるのは、田畑の作物だけでは満たされない何かがあるからでしょう。

なぜなら、人間は心で生きる動物だからです。

イエス・キリストも「人間はパンのみに生きるにあらず」と言っている。この定義は、カラマーゾフの兄弟の『大審問官』でも重要な争点になっていますが、結局のところ、パンで解決できることより、「パンで解決できないこと」の方がはるかに大きくて、人はとりあえず今日の食事にありつけたら、次には心の飢えを感じる、そして、それは、パンでは到底満たされないほど激しいものだ――ということなのだと思います。空腹はリンゴ1個でも何とかなりますが、「空しい」とか「淋しい」といった感情は、リンゴやステーキで紛らわせるものではありませんから。

そうした時に、「あなたの田畑の収穫を10倍アップする方法」以外の養分が必要になってくる。

それが文芸です。

一篇の詩、一篇の小説、一幕の舞台、街角に流れるポール・モーリア・グランドオーケストラも含めて、パンでは満たせない何かを供給するのが文芸の役目です。

それは空気のように存在感がなく、心が元気な時には何の有り難みも感じませんが、身体の中が飢え始めると、猛烈に欲しくなる劇薬であり、サプリメントなんですね。

ただ一点、服薬の方法に問題があって、素養がなければ、摂取するのは非常にハードルが高いのですよ。

まず長文を読みこなす力が必須。歴史、美術史、宗教といった、周辺の知識がなければ、何のことか分からない内容もたくさんあります。

その為に面白みが分からない、下手すれば、何が書いてあるのか、さっぱり理解できない、というより漢字が読めない……となると、これはもう完全に断絶です。

そして、誤解を恐れずにいえば、断絶する側の方が圧倒的に多い。

それは頭の良し悪しという問題ではなく、たとえば、私みたいに80年代のサブカルチャーの洗礼を受けて育った世代には、『鉄腕アトム』が名作、『ビートルズ』はレジェンド、といわれても、えー、そうなのという印象しかない。それより、北斗の拳であり、ビリー・ジョエルであり、月刊LaLaがすべてです。その時々を生きた者にしか分からないセンスや嗜好があり、理屈で変えられるものではありません。分からない人には、どこまでいっても分からないし、永久に手に取ることもない。そういう厳しい現実があります。

にもかかわらず、そういう分野に献身する人があるのは、世代や嗜好を超えた真理の存在を感じ取っているからでしょう。

その時々、ぱっと消費されて、後は思い出すこともない作品もあれば、ギリシャ悲劇みたいに何百年と受け継がれているものもある。それも何とかアカデミーの偉い先生が「名作だから」と太鼓判を押しているからではなく、そこに時を超えて引きつける人間の真実があり、社会の現実があるからです。そして、それこそが、「あなたの田畑の収穫を10倍アップする方法」では解決できない疑問の行き着くところなのです。

詩や小説が退屈に感じるのは、ずばり「こうだ」、という回答を示さないからです。

哲学のように、「自我というものは……」と定義している著作もありますが、それでも、どこか抽象的で、現代人の我々に、手取り足取り、生き方や幸福になる方法を教えてくれるわけではありません。

いわばヒントだけが散りばめられて、読み手がそれを解読しなければならない。

解読のキーを持っているか否かで、効果が違ってしまうからです。

だから、寺山修司も言っている。「役に立つ詩」はなくても「詩を役立てる心」はある。それはあくまでも受け取り手の側の問題であって、詩の機能をうらからたぐりよせてゆくための社会性の法則のようなものである。 」

文芸の価値を決めるのは読み手であって、作り手ではないのです。

そう考えれば、文芸作品というのは、秘密の扉と鍵のマッチングみたいなもので、マッチした人だけがその先に進める、カラクリ箱みたいなものかもしれません。誰にでも気軽に開けるおもちゃ箱と異なり、ワンステップ必要とするところが、文芸の厄介な点でしょう。

そういう意味で、読み手=鍵をもった人が減少し、文芸も瀕死の状態にある、という昨今の現象は、起こるべくして起こったといえるでしょう。

こういう状況で、コンテンツばかり送り出しても、鍵は増えません。ネットの普及で「見たいものしか見ない」が当たり前になっている今、鍵は増えるどころか、各人が有する鍵の質量ともに限定されているのが現状です。今後ますますこの傾向は加速し、鍵がはまらないものは、どんどん廃れていくでしょう。理解されないものは、存在しないも同じこと。たとえ、扉の向こうに、多種多様な名作があったとしても、読み手に鍵がなければ、どうにもならないのです。そして、どうも見ていると、作り手は作品をゴリゴリ押すだけで、読み手を育てようという意識がない。読み手を育てるとは、鍵を開けやすくする、もしくは、面白そうな鍵を渡すことであり、それは作品を作るのと同じくらい重要なことなのです。

私も、以前は育児が大変だったので、手軽に書ける育児や恋愛エッセーなどをやってましたが、子供もだいぶ手を離れた今、原点回帰して、文芸紹介に注力している最中です。自身のレビューから、DVDや書籍が売れると、非常に嬉しいです。それは小遣い(たいした額じゃない)になるからではなく、また一つ、素晴らしい作品が人の手に渡った悦びと充実感があるからです。

はっきり言って、ウェブサイトは、時事問題や育児・恋愛ネタをやった方が、はるかにPVを稼げます。何よりお手軽です。

にもかかわらず、せっせと文芸ネタをやるのは、一人でも多くに鍵を渡す為です。

「詩を役立てる心」を増やす為です。

一つ、ヒントを提示すれば、「ああ、そういう意味か!」と目の前が開けるのは、私も体験済みです(特に『カラマーゾフの兄弟』の江川卓訳

当サイトがそのようなお役に立つことを願っています。

※ 人生処方詩集はこちらの書籍にも収録されています。

 愛さないの、愛せないの (ハルキ文庫) (文庫)
 著者  寺山 修司
 定価  ¥ 140
 中古 16点 & 新品  ¥ 140 から
  (0 件のカスタマーレビュー)

記事一覧について

サイト内の前記事、および過去記事の加筆修正などは、サイトマップにリスト表示しています。
タイトル数が多いので、スマホなど小型端末で閲覧する際は注意して下さい。

https://novella.blog/sitemap

気になる『キーワード』はサイト上部の検索窓をご利用下さい。

サイト管理人

バブル世代のサブカルチャーファンです。

作品に関しては、強固なオリジナル原理主義。

続編、改編、番外編は認めない、というアレです。

どの作品も「その中で完結している」という考えなので、後から取って付けたようなエピソードやスピンオフには否定的です(同人による二次創作は別)。
作者が自作について、くどくど説明するのも好きではありません。

唯一の例外は、『エイリアン2』『猿の惑星 新三部作』『ゴッドファーザーPart2&3』『マッドマックス 怒りのデスロード』『天使にラブソングを 2』。

基本的にサイトで紹介している役者さんや作品は皆大好きです(^^)

プロフィール的な内容は『ベルばら漫談』https://novella.blog/tag/the-rose-of-versaillesに掲載しています。

詳しいプロフィールは著書"曙光 MORGENROOD"の『あとがき』に書いています。
他者のプライバシーもあるので、ネットでは詳しく公開できません。ごめんなさい_(._.)_

Amazon 著者ページはこちら

電子書籍化のリクエスト

「このテーマについて、書籍化して欲しい」というリクエストがあれば、お気軽にお寄せ下さい。
購入は強制ではありません。(Kindle Unlimitedなら、無料で試読が可能です)
あなたの知りたいことは、他の人も知りたがっている、というのが当方のスタンスです。
お題を提供して下さった方は、書籍の献辞にお名前(イニシャルなど)を入れさせて頂きます。

わたくしが続編を嫌うワケ

ラブラブで結ばれたカップルが、続編では既に別れたことになっている、もしくは新しい恋人がいる
スピード2、デンジャラス・ビューティー2、トランスフォーマー3など

命からがら助かったサブキャラが、続編では無茶苦茶な理由で「やっぱり死にました」ということになっている
エイリアン3(マイケル・ビーンとレベッカを死なせた罪は重い)、

奇跡的に勝利を収めたヒーローが続編では落ちぶれている
ロッキー・シリーズなど

激闘の末、死んだはずの悪役が、続編ではこじつけみたいな設定でよみがえる
メガトロン(海に沈められた場面で、ああ、次作は、仲間がリアクターだかを再起動して、宇宙戦艦ヤマトみたいに海の底からよみがえってくるんだろうなと思ったら、本当にその通りで、あれほど凶暴なものを、なぜバラバラに分解して、再生不能な状態にしないのか、いや~、それは続編を作って、もうちょい儲ける為ですよ、エヘヘ、みたいな作り手の意図が透けて見えるから許せない。気持ちは分かるけど(`ε´)

エイリアン(クローン蘇生したリプリーも含む。神秘性も恐怖感もすっかり無くなりました……)

こういう続編を知ってしまうと、前作の感動が薄れるんですよ。
ああ、次作では別れるんだな、落ちぶれるんだな、と思うと、感動も半減ですし。
せっかくハッピーエンドで、いい夢を見せてもらったのに、次作では現実を見せつけられて、イヤな気分になるわけ。
それも主演の俳優が続投を拒んだとか、撮影期間の調整つかずとか、出演料で折り合いがつかないとか、舞台裏のゴタゴタで世界観をぶち壊されるのが一番腹が立つ。
死んだものは、死んだ、すべての映画は They lived happily ever after. でいい、
とにかく後日談だの、前日談だの、一度、決着のついたものを、無茶苦茶な設定で曲げたり再生したりするのは止めて欲しい……というのが、私の切実な気持ちです。

それが許されるのは、『魁! 男塾』だけ(`・ω・´)

Spotifyについて

音楽プレイヤーの埋め込みについて、以前はYouTubeをメインにしていましたが、当サイトではSpotifyを積極的に使っています。
理由は、再生する度に、わずかでも作者にお金が入るから。
YouTubeの場合、再生しても、UP主の儲けになるので、公式ビデオ以外はあまり使いたくないのです。
当サイトでは、欧州で配信されているSpotifyを利用しているので、日本では再生できない曲もあるかもしれません。
洋楽、ジャズ、クラシックファンに関しては、音楽配信サービスの中でダントツだと思います。

画像について

当サイトのアイキャッチ画像は主にPixabayのフリー写真を利用しています。
商品に関しては、Amazon.co.jpや公式サイトで公開されているサムネイル画像、西洋絵画や肖像はWikimedia Comons、映画のキャプチャは自身のメディアプレイヤーから取得していますが、権利の侵害に相当するものがございましたら、メールフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

引用・転載について

コンテンツの引用や転載は事後報告なしでOKですが、必ず引用元を明記して下さい。

URL: https://novella.blog もしくは 記事のURL
サイト名: Novella by 石田朋子

NAVERまとめ、その他のキュレーションサイトでの利用は固くお断りします。

プライバシーポリシー

EUおよび日本の法令遵守に基づき、個人情報収集と著作権に関するプライバシーポリシーを掲載しています。
気になる方はご一読下さい。
https://novella.blog/privacy-policy

お問い合わせ

当サイトへのご意見やご感想はメールフォームからお寄せ下さい。
「20代のOLです」「東京で会社員をしています」など、簡単に自己紹介を添えて頂けると分かりやすいです。
なお匿名や三行メールにはお返事しませんので、よろしくご了承下さい。
固定のペンネームでSNSやブログを運営している方はOKです。

メールフォームが上手く動作しない場合は、お手数ですが、mail◎sanmarie.me まで直接メールをお送り下さい。

お名前やメールアドレスなどの個人情報を、送信者の同意なく、私的に流用することはありません。

個人情報の収集に関しては、プライバシーポリシーに詳しく記載しています。気になる方はご一読下さい。

[coldform]
お名前必須
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須