Novella 詩想と映画・音楽・書籍のレビューについて

詩を作るより、田を作れ

「詩を作るより、田を作れ」というのは寺山修司のコラムの引用です。

実用性や生産性重視の考え方は政治的であり、文芸はその真逆にある、というのが寺山修司の主旨です。

「詩を作るより田を作れ、詩人より人奴を増やせ」の流れにささやかに抵抗しながら運営しています。

参考URLはこちら 『詩を作るより、田を作れ』 文芸の価値と詩を役立てる心について

サイト管理人 MOKO (石田朋子)

バブル世代の文芸愛好家&サブカルチャーファンです。ジャンルは問いません。

作品に関しては、強固なオリジナル原理主義。

続編、改編、番外編は認めない、というアレです。

どの作品も「その中で完結している」という考えなので、後から取って付けたようなエピソードやスピンオフには否定的です(同人による二次創作は別)。
作者が自作について、くどくど解説するのも好きではありません。

唯一の例外は、『エイリアン2』『猿の惑星 新三部作』『ゴッドファーザーPart2&3』『マッドマックス 怒りのデスロード』『天使にラブソングを 2』。

基本的にサイトで紹介している役者さんや作品は皆大好きです(^^)

サイトに記載してる知識や解説はすべて独学ですので、一般の認識と異なる部分もあるかもしれませんが、一つの解釈として楽しんで頂けたら幸いです。

本と漫画とTVで一日が過ぎていく

平日 午後五時『ゴレンジャー』 午後五時半 辻村ジュサブローの人形劇 午後六時 民放のニュース 午後七時 NHKニュース 午後八時 NHKスペシャル 午後九時 ニュース9 午後十時 民放の報道番組を巡回 午後十一時 たまに『11PM』
土曜の夜は、午後六時半『タイムボカン』 午後七時『キカイダー』 午後七時半『キューティーハニー』 午後八時『八時だよ、全員集合』 午後九時『Gメン75』 午後十時『ウィークエンダー』か『影同心』 の典型的なTVっ子です。

読書は『ぐりとぐら』『だるまちゃんとてんぐちゃん』『いやいやえん』から始まって、どちらかというと、物語より、図鑑とか妖怪辞典とか、実用的なものが好きでした。『月刊ムー』とか『読心術』とか『西洋占星術』みたいなオカルト系にも理解があります。科学を無視したスピリチュアル系は苦手ですが。

漫画は、土曜日に友だちの家を巡回して、漫画漬けでした。週刊少年マガジンの連載が読みたいが為に、わざと病気になって、近所の耳鼻科に通い詰めた経験もあります。ドクターもちょちょっと鼻の穴を掃除して、(また遊びに来たな)みたいな感じでした。それが通用する、のどかな時代でした。
少女漫画、少年漫画、成人もの、有名どころは大半読んでいます。「友だちに家に行く」といえば、リュックサックに漫画本を何十冊と詰め込んで、畳に積み上げ、皆で回し読みするのが最高の娯楽でした。昔の書店は立ち読みもし放題だったんですよ。カバーもかかってないし。店員もうるさくい言わない。子供には天国のような時代でした。その代わり、マナーや良かったですよ。床に座り込む子もなければ、カバーをぼろぼろにする子もない、行儀よく立ち読みして、そろーっと書架に戻す感じでした。「商品だ」ってことは皆わきまえていたのです。

今も引越で一番大変なのが本、一番お金をかけているのも本です。

あれもこれも読むタイプではなく、気に入った本を暗記するまで繰り返し読むタイプです。(文章を憶えてしまえば、持ち運びする必要がないので)

科学おたく

私が科学に目ざめたのは幼稚園の時です。愛読書は『家庭用医学大事典』でした。読めない漢字もあるけれど、随所に差し込まれた臓器や病状の画像が大好きだったのです。小学校に上がる頃には、自分の体内がどのような構造になっているのか、内臓の絵も描けるほどになっていたので、病気になっても、交通事故で骨折しても、あまり悲壮感がない。これかな……と自分でおおよその診断がつくぐらい、人体に詳しくなっていました。
言い換えれば、正しい知識を持てば、人間は慌てずに済む、ということを身をもって体験したので、科学全般が好きになった次第です。
雷も、布団の中にもぐって震えるくらい怖かったのですが、『なぜなに天気の図鑑』というのを読んで、稲妻や雷鳴の正体を知ってから、恐怖心もぴたりとなくなって。
科学って偉大だわ、とつくづく。
子ども時代のヒーローは、カール・セーガンの『COSMOS』で、「NASA」に憧れていたこともありますが、1995年に海洋科学の本で海底鉱物資源の存在を知ってからは、海洋科学のファンです。
月や火星より、海底火山が噴火しているところや、高さ数メートルに及ぶ巨大なブラックスモーカーを見に行ってみたいです。
憧れの地はカムチャッカ半島とアイスランドです。

インターネット老人会

最初のホームページは1998年秋に開設。IBMホームページビルダーでHTMLタグを打って作成していました。
「女の子がパソコンをやってる」といえば、でんでんタウンのオタクと気味悪がられた時代の話です。
パソコン雑誌を片手に、自分でIPアドレス設定して、ピーガガガー、ヒョロロローとダイヤルアップ回線を繋いでました。
たまに#インターネット老人会 のツイートも覗いています。
好きな言葉は「お前を消す方法」。

わたくしが続編を嫌うワケ

ラブラブで結ばれたカップルが、続編では既に別れたことになっている。もしくは新しい恋人がいる
スピード2、デンジャラス・ビューティー2、トランスフォーマー3など

命からがら助かったサブキャラが、続編では無茶苦茶な理由で「やっぱり死にました」ということになっている
エイリアン3(マイケル・ビーンとレベッカを死なせた罪は重い)、

奇跡的に勝利を収めたヒーローが続編では落ちぶれている
ロッキー・シリーズなど

激闘の末、死んだはずの悪役が、続編ではこじつけみたいな設定で蘇る
メガトロン(海に沈められた場面で、ああ、次作は、ディセプティコンの仲間がリアクターを再起動して、宇宙戦艦ヤマトみたいに海の底から蘇ってくるんだろうなと思ったら、本当にその通りで、あれほど凶暴なものを、なぜその場でバラバラに分解して、再生不能な状態にしないのか、いや~、それは続編を作って、もうちょい儲ける為ですよ、エヘヘ、みたいな作り手の意図が透けて見えるのが許せないんですよ。気持ちは分かるけど(`ε´)

エイリアン(クローン蘇生したリプリーも含む。神秘性も恐怖感もすっかり無くなりました)

こういう続編を観ると、前作の感動が薄れるんですよね。
ああ、次作では別れるんだな、不調になって落ちぶれるんだな、と思うと、ヒーローの魅力も半減ですし。
せっかくハッピーエンドで、いい夢を見せてもらったのに、冷や水を浴びせる気かい!
しかも主演の俳優が続投を拒んだとか、撮影スケジュールの調整がつかずとか、出演料で折り合いがつかなかったとか、物語とは無関係な舞台裏のゴタゴタで世界観をぶち壊されるのが一番腹立つんですよ。マトリックスみたいに。
死んだものは、死んだ。すべての映画は They lived happily ever after. でいい。
後日談だの、前日談だの、一度、決着ついたものを無茶苦茶な設定でねじ曲げて、新作を作るのは止めて欲しい――というのが私の切実な願いです。

それが許されるのは、『魁! 男塾』だけ (`・ω・´)

記事一覧について

サイト内の前記事、および過去記事の加筆修正などは、サイトマップにリスト表示しています。
タイトル数が多いので、スマホやタブレットで閲覧する際はご注意下さい。

https://novella.blog/sitemap

気になる『キーワード』はサイト上部の検索窓をご利用下さい。

Spotifyについて

音楽プレイヤーの埋め込みについて、以前はYouTubeをメインにしていましたが、当サイトではSpotifyを積極的に使っています。
理由は、再生する度に、わずかでも作者にお金が入るから。
YouTubeの場合、再生しても、UP主の儲けになるので、公式ビデオ以外はあまり使いたくないのです。
当サイトでは、欧州で配信されているSpotifyを利用しているので、日本では再生できない曲もあるかもしれません。
洋楽、ジャズ、クラシックファンに関しては、音楽配信サービスの中でダントツだと思います。

画像について

当サイトのアイキャッチ画像は主にPixabayのフリー写真を利用しています。
商品に関しては、Amazon.co.jpや公式サイトで公開されているサムネイル画像、西洋絵画や肖像はWikimedia Comons、映画のキャプチャは自身のメディアプレイヤーから取得していますが、権利の侵害に相当するものがございましたら、メールフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

引用・転載について

コンテンツの引用や転載は事後報告なしでOKですが、必ず引用元を明記して下さい。

URL: https://novella.blog もしくは 記事のURL
サイト名: Novella
著者:  石田朋子

NAVERまとめ、その他のキュレーションサイトでの利用は固くお断りします。

プライバシーポリシー

EUおよび日本の法令遵守に基づき、個人情報収集と著作権に関するプライバシーポリシーを掲載しています。
気になる方はご一読下さい。
個人情報の収集について

お問い合わせ

当サイトへのご意見やご感想はメールフォームからお寄せ下さい。
「20代のOLです」「東京で会社員をしています」など、簡単に自己紹介を添えて頂けると分かりやすいです。
なお匿名や三行メールにはお返事しませんので、よろしくご了承下さい。
固定のペンネームでSNSやブログを運営している方はOKです。

メールフォームが上手く動作しない場合は、お手数ですが、mail◎novella.blog まで直接メールをお送り下さい。

お名前やメールアドレスなどの個人情報を、送信者の同意なく、私的に流用することはありません。

個人情報の収集に関しては、プライバシーポリシーに詳しく記載しています。
気になる方はご一読下さい。

サイト管理人: 石田朋子

コンタクトフォームの利用による個人情報の収集、及び、双方のメッセージの守秘義務について同意します。(氏名、メールアドレス) 
 
Morgenrood 曙光

Kindleストア

宇宙文明の根幹を成すレアメタルをめぐる企業の攻防と人間の生き様を描いた本格的な海洋ロマン。専門用語は使わず、予備知識のない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。無料PDFも配布中。Kindle Unlimited 読み放題の分冊もリリース開始。